エバートンU18🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿TR

クラブ公式から指導中のコーチにピンマイクをつけて録画録音した興味深い映像が紹介されています。ウェイン・ルーニーやロス・バークリーといった代表選手を輩出し、育成に定評のあるエバートンFC🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿の下部組織、TR中の監督がどのようにコミュニケーションしているかぜひみてみましょう❗️

注目ポイント

✅インプレー中のポジティブな声かけの多さ

✅セット間での発問のしかた

✅TR後のまとめと選手の答えを聞く態度

 

 

キーファクター

映像でみれる監督の守備側への声かけ👇

  • (0:25~) どっちに相手をおいやりたい? そう、そのボディーシェイプと角度だ。 一歩だ、一歩でいいんだ
  • (0:40~) 繋がろう、連動しよう、しっかりコミュニケーションをとって守備のブロックを作るぞ
  • (1:00~)クロスをブロックしに行こう。もっとアグレッシブに
  • (2:02~)ペナルティエリア際のボールにプレッシャーをかけろ!うたすな!特にすきまから!
  • (2:14)攻撃側でだれか距離のあるところから得点できたか?そうか、ジャックか、では彼にはさらにプレッシャーをかける必要があるな。どっちの足が得意か知っているよな。じゃあ逆足の方をあけないとな。
  • (2:25~)他にはなにか課題はあるか?(選手が答えた後)そうだな、難しいよな。相手が逆サイドの深い位置を狙うときどうするか。どうしたらいい?(選手が答える)そうだな、スタートポジションは大事だな。体の向きをスクエア(足をゴールラインに平行にした状態)にせず、裏への走る準備をしないといけない。
  • (2:48~)他にはあるか?(選手が答える)そうだな、相手がその位置で受けたときは次の対応だクロスをブロックしないといけない。しっかり走ってポジションを取り、ブロックするんだ。
  • (3:41~)君たちはこっちの選手たちとは違う課題があるよな。前に出て、相手に寄せてシュートをブロックしないといけない。3人でユニットとしてだ、1人や2人でいくんじゃない、3人で一緒に前に出てシュートをとめよう。
  • (6:00~)このトレーニングの目的は前に出て相手の攻撃を崩すことだったな。なにか質問は?(選手が答える)そうだな、もし前に出すぎて相手がボールを回して我々の裏を取りそうだったら出る必要はないな。 

Category: トップ指導者のコミュニケーション
By: Admin
Posted: 2020年06月10日 15:10

トップページに戻る