FIFA 11+ Kids 第二回

FIFAから昨年発表されました。ジュニア年代に特化した最新ウォーミングアッププログラム「FIFA11+ Kids」の特集記事の二回目です。ぜひエクササイズ3−4をご覧ください!

第1回に引き続きジュニア年代に特化したFIFAメディカルチームの作成した怪我予防ウォーミングアッププログラム「FIFA 11+ Kids」の三つ目と四つ目のエクササイズを動画とポイント解説で紹介します。

なおこのプログラムの有効性に関しては、第一回の記述をこちらに引用いたしますね。

 

~~以下引用~~

まずはFIFA11+ Kidsの実施研究結果を、公式サイト(http://www.f-marc.com/fifa-11-for-kids/)から抜粋・翻訳したものをこちらに記します。

 

’’ヨーロッパの複数の国において計約4000人を対象に行ったリサーチではFIFA 11+ Kids をウォーミングアップに採用したグループは通常のウォーミングアップを行ったグループに比べ38%怪我の発生が少なかった。さらに大怪我とよべるものの発生は50%以上少ないものとなった。’’

 

また、同ページではFIFA 11+Kidsエクササイズのポイントは、「他動作をしながらの空間認知・定位・予測」、「体全体、そして片足での安定性」、さらに「安全な転倒の仕方」としています。

 

~~以上引用~~

 

 

3: 二人組での片足立ちパス+バランス勝負

レベル1:片足立ちでハンドパス&キャッチ

レベル2:片足立ちでボールを逆脚の周りを回してからハンドパス&キャッチ

レベル3:片足立ちでインサイドキックパス パスがずれた場合は片足ジャンプで調整する

レベル4:片足立ちボレーパス

レベル5:片足立ちでボールで押し合ってバランス勝負

 

解説:レベル1から4はそれぞれ5回ずつ、そしてレベル5のバランス勝負は最高20秒ほどとしましょう。レベル1から4はエクササイズでは頭と体幹を安定させながら、腕や浮かせている方の足での運動を丁寧に正確に行うように導きましょう。

 

 

4: 体幹トレーニング

レベル1:4−8名を1グループとしてボールを転がす一人を除いて全員が下向きで横一列に両手両足をつけてトンネルを作る。ボールを転がし、最後の人のところでストップ、すぐに前に移動して転がすを繰り返す。

レベル2:スネの下にボールをおいてプランク。ゆっくりと体を前後にスライドさせる。

レベル3:両手両足を地面につけて頭から足首までをまっすぐにした姿勢になる。片手でボールを反対の手の周りをころがす。

レベル4:両手両足を地面につけて頭から足首までをまっすぐにした姿勢になる。片手でボールをできるだけ前からできるだけ後ろへ転がし、またスタート地点に戻す。

レベル5:両足を地面につけて両手をボールの上に置いて頭から足首までをまっすぐにした姿勢になる。ゆっくりとボールの上で手の置き場所を変えながら倒れないようにバランスを取る。

 

解説:レベル2−5はそれぞれ1セット15秒を3セットとされていますのでそちらを目安にしてくださいね。

このエクササイズでは姿勢がとても重要になります。もし姿勢がキープできないのであれば無理して時間を達成させるよりも、いい姿勢を保つ時間を少しでも伸ばせるように導きましょう。

 

 

五つ目以降のエクササイズは次回の記事で紹介しますね!

友だち追加

Category: トレーナー&フィジオ
By: Admin
Posted: 2019年06月03日 17:22

トップページに戻る