Tag archive :: 練習アイデア

以下は、GARY CURNEEN氏  自身の著書「MODERN SOCCER COACH: POSITION SPECIFIC TRAINING」からの抜粋である。現代サッカーでのポジションは、チーム構成の中でいかに効率的な選手を配置するかを重視している。実践に即し、40を超えるイラストを施したトレーニングメニューは、選手を次のレベルに押し上げるコーチング環境を整えてくれると信じている。

read more...

このゲームは、試合の中で輝きをもたらす最もテクニックのある選手であった一人のジョージ・ベストにちなんで名前が付けられたトレーニングである。

read more...

ラインブレーキングパスとは、敵のフォーメーションのラインの間を真っ二つに射抜くパスである。二人のディフェンスの間を抜くパスは、ディフェンスのラインを引き裂くパスになる。

read more...

育成に定評のある、イングランド、ウェストハムのアカデミーディレクターであるトニー・カー氏から紹介された、こちらのトレーニングでは、ドリブルとシュートにフォーカスして、アタックとディフェンスのスキルを向上させる狙いがある。

read more...

このセッションではお互いが何をしているか知るために、チームメイトとのコミュニケーションについて学んでほしい。 ユース年代では、ボールをパスする時に不十分なコミュニケーションのせいで、多くのミスが発生する。コミュニケーションを教えることで、将来においてより良いチームへ発展する助けとなるだろう。

read more...

今回はジュニア年代でボールを奪うことをテーマにしたトレーニングで使える、テクニカルウォームアップを紹介します。積極的にボールをとるための練習の導入としてぜひ使ってみてくださいね。

read more...

サッカーの試合は、常にゴール前の攻防というわけではない。チームは、攻撃を構築するために、素早く様々なポジションチェンジと方向の変更を行わなければならない。また、ディフェンダーは、異なるアングルからのアタックに反応しなければならない。

read more...

サッカーのウォームダウンをすることは、コーチングの役割としては重要なことであるが、選手に熱心に、興味深く、活き活きとウォームダウンに向かってもらうことはとても難しい面もある。このトレーニングメニューは、一度に多くの選手が参加できて、積極的に取組みやすいメニューとなっている。

read more...

スモールサイドゲームでは、選手のルックアップを促して自分たちが何の選択肢があるのかを把握して、意思決定をさせるようにしてほしい。一方のエリアに、2つのゴールを置くためゴールのチャンスは増える。そのため、素早いスイッチプレーをしてディフェンスを引きはがしてほしい。

read more...

相手に対峙した時に、スペースを自ら切り開くためにロナウド・チョップ(Ronaldo Chop)のようなテクニックを身につけよう。まずは、ボールが止まっている状態から練習してみてほしい。

read more...

ウェンブリーでのリバプール対マン・シティのキャピタルワンカップ決勝では、ユルゲン・クロップ率いるリバプールのウォームアップを興味深く観察していた。下記は、基本的なメニューである。ウォームアップでは、先発組だけが参加して、控えは各自でコンビネーションの確認をし、フィットネスコーチを伴い決められたエクササイズを行っていた。

read more...

バルセロナやユベントス、バイエルンミュンヘンといった勝者としての評判を持つチームは、試合に対してのメンタルの面で真剣なアプローチを持っている。彼らは、勝利やポジティブな考えがクラブに浸透している。彼らは、勝者であり、勝利がまたさらにポジティブな考えをもたらしている。しかし、もしあなたが敗者のチーム側だとしても、勝者に必要不可欠な要素を身につけることで、チームを鼓舞することはできるだろう。

read more...

これは、相手プレイヤーを交えたプレーに慣れるために最適のスモールサイドゲームである。これは、ボールコントロールとボールシールディングの機会を与えるだけでなく、競争的なゲームとしても面白さがある。

read more...

ディフェンダーが不利な時に他のデェフェンスが戻ってくるのを待つまで、攻撃を遅らせることは不可欠な要素である。このサッカードリルを使って、どうやって素早くプレッシャーをかけて、ゴールから遠ざけておくかをディフェンダーに示してあげてほしい。

read more...

ボールをインターセプトすると、タックルする代わりに、あなたのチームはボールを取り返して、攻撃のセットアップをすることができる。このサッカーコーチングのセッションでは、ゲームの読み方を学び、いつ、どこに相手チームがパスをするかを予測して、ボールをインターセプトできるようになることである。

read more...

今回はバイエルンミュンヘンでのペップ・グアルディオラ監督の複数のステーションを用いたトレーニングを紹介しよう。選手は3つのグループに分かれ、2つのタイプのメニュー(ステーション)に取り組む。

read more...

今回トレーニングメニューを紹介するトニー・ミー氏はロザハム・ユナイテッドのアカデミー指導責任者である。ミー氏はUEFA ‘A’ライセンスを保持し、FAレベル1・2の指導者インストラクターでもある。ロザハム・ユナイテッドでは2002年より活動している。

read more...

今回は攻撃にフォーカスしたポール・キー氏のトレーニングメニューを紹介したい。キー氏は(訳者注:記事執筆当時)北アイルランドU-17代表コーチ兼アイルランドサッカー協会の地域パフォーマンスコーチとして活動している。UEFAプロライセンスを保持し、A級ライセンス・インストラクターでもある。

read more...

今回紹介するトレーニングメニューは機動性や認識力を要求するアタッキングサードでのパフォーマンス向上を狙いとしたものである。

read more...

ナイジェル・ロー氏は2011年12月から北アイルランドプレミアリーグに所属するグレナヴォンFCのトップチームコーチとしての役職を任されている現在(記事掲載当時)27歳の指導者だ。 ロー氏は既にUEFA‘A’級ライセンスを保持しており、そしてトップチームレベルで活躍する最も若いコーチの一人である。

read more...

現代のサッカーにおいて、スペインのフットボールは、依然として毎年多くのスタープレーヤーを生みだしている。 2014年のワールドカップは負けたものの、スペインナショナルチームは、2つのユーロ・チャンピオンシップと2010年のワールド・カップに勝った。

read more...

今回はサッカーコーチング.jp公式パートナーサイトのhttp://www.pro-soccerdrills.com/よりトレーニングメニューを紹介しよう。 目的: フィールドの中央から攻撃を構築して、4-2-3-1のフォーメーションでクロスからのフィニッシュを目指す。このサッカードリルでは、戦術的な動き方をクセ付ける点も焦点を当てている。対象-U16以上 難易度-4(5段階中)

read more...

今週紹介するのはショート+ロングパスの技術、1vs1の攻防の局面、そしてさらには切り替えの瞬間にフォーカスしたトレーニングだ。

read more...

サッカーにおいて最も危険な状況の一つとして、攻撃チームが前に人数をかけている際にボールを失い攻守が切り替わった状況があげられる。カウンターアタックのピンチに曝されるこの状況では実際に多くの失点が生まれている。

read more...

昨シーズンのチャンピオンズリーグでユルゲン・クロップ監督のボルシア・ドルトムントがその戦い方で旋風を巻き起こしたことは記憶に新しい。 クロップ監督の守備システムはトレーニングでのハードワークの成果であり、今回は一部分のみであるがどのような練習メニューを通じて試合の準備がなされているかを紹介したい。

read more...

ボールを使ったフィットネスと戦術のトレーニングとして、グアルディオラ監督のバイエルン・ミュンヘンでの最初のトレーニング(公開)を紹介します。

read more...

キックとコントロールの練習を紹介します。一連の流れで練習を進めるには各ポジションで正確なキックとコントロールが必要となります。

read more...

もしあなたのチームが前線にポジションを取っていれば、例え相手陣内でボールを失ったとしても、そこでボールを取り返せば絶好のチャンスになるだろう。アタッカーに切り替えの早さを植え付けて、ボールを素早く取り返すためにこのトレーニングを使ってほしい。

read more...

今回はボールを受けたときのコントロールの向上と、同時に相手選手からのプレッシャーの中でのプレーの改善をねらいとしたトレーニングを紹介しよう。

read more...

モウリーニョの採用したプレーエリアの展開(チェンジ)を主題とした練習メニューの動画です。 一つ目はスポルティングリスボンでの、そして二つ目の動画はバレンシアでのトレーニングが撮影されています。

read more...

攻撃方向へボールとともに速く走る(ラン・ウィズ・ザ・ボール)ことはサッカーにおいてとても基本的なことでありながら、最も難しい技術のうちの一つと言われる。

read more...

バレンシア U-19の練習風景の動画です。 この練習メニューのコンセプトはきっと定番だと思います。ですが、テーマに沿ったトレーニングとするためのサーバー/フリーマンの置き方といったオーガナイズに加え、一人ひとりの状況に応じたファーストタッチの質は注目に値すると思います。

read more...

説明: このサッカードリルは、「オーバーロードポゼッション」と言われる練習で、一方のチームが相手よりも多くの選手がいて、多いチームのほうはボールをキープしながらスペースを作り、ゴールチャンスを作ることを求められる。

read more...

このシリーズではどのようにFA(イングランドサッカー協会)レベル2ライセンス水準のサッカートレーニングをプランするかを実際のレベル2トピック「スペースを作る技術」に焦点をあてて紹介している。今回は第2回としてプランのスタートとその発展1を取り上げる。 

read more...

FAレベル2(イングランドサッカー協会指導者資格、レベル2はJFA C級にあたる)の指導教官として今回は「スペースを作る」というトピックを例にトレーニングメニューのプランや発展方法などを紹介しよう。

read more...

良いサッカー選手は顔を上げてプレーできる。彼らはピッチの上でどこにスペースがあり、どこに味方がいて、どこに敵がいるかを意識することができる。

read more...

このビデオでは、選手はボールをできるだけ足元でキープし、顔を上げながら、狭いスペースでコーンを周ったり、通ったりすることを求められている。

read more...

~前編より続き~ より発展した練習として、選手にはグリッドで 3 vs 1 でプレーしてもらうのだが、グリッドの真ん中にボールを置く。

read more...

幼年期、小学生の選手にとって、まずはボールに馴染んで、そして顔を上げながらのボールコントロール、色々な足の部分でのボールの扱い方を知ることはとても重要である。

read more...

サッカーにおける大事なプレー技術のひとつに、「自身のためにスペースを作る」というものが上げられる。

read more...

UEFA B、 FA Level 3のSSG(Small Sided Game)における「チームとしての守備」をテーマにした指導実践の一例を今回は紹介したい。

read more...

本日(2010年5月28日時点)からケントFAのUEFA Bライセンスの講習会が始まった。参加者は総勢24名で、そのうちの多くが以前に私がFAレベル2の講習会の際に担当したコーチたちである。

read more...

トップページに戻る