Tag archive :: 実践的アドバイス
Relative age effect とは? 2016年12月24日

Relative age effectを直訳すると、「相対的年齢効果」、ピンと来ないが、簡単に言えば、学年の区切りが選手にどのような影響を与えるかを検証したものである。つまり、日本であれば、4月生まれ~翌3月生まれが同じ学年になることに対しての影響を検証したものである。

read more...

4vs4のトレーニングプログラムの大きな利点の一つは、プレーヤーがボールをパスすることに慣れて、それが自然と身に付くことである。それにより、ゴールを生み、難しい局面も打開でき、観てても美しくなる。しかし、それを実現するには、ショートパスが何かを理解しなければならないし、いつそれを使うべきかも確認しなければならない。

read more...

世界的なスポーツ心理学者であり多くのサッカー選手のキャリアに携わってきたダン・アブラハム氏とouthtoprosoccer.com(訳者注:翻訳元サイト)のQ&A(後編)を紹介しよう。

read more...

ダン・アブラハム氏は世界的なスポーツ心理学者であり、科学者であり、そして指導者でもある。 彼は常日頃よりヨーロッパ各地(特に英プレミアリーグ)でスポーツ心理学アドバイザーとして活躍しており、ウェストハムユナイテッドのリザーブチームで過去の選手として扱われていたカールトン・コールを18ヶ月間でイングランド代表に上り詰める支えとなるなど、過去10年間にわたり多くの事例を手がけてきた。

read more...

 ~サッカー心理学者ダン・アブラハム氏のアドバイス~

read more...

まずはじめに、私はリバプールファンでもルイス・スアレスのファンでもない。これだけは約束しよう!私は幸運にも日曜日に行われた、リバプール対トッテナムの壮絶なゲーム(2013年12月)を現地で観戦することができた。私があこがれる2人のコーチ、ブレンダン・ロジャースとアンドレ・ヴィラボアス(※現在は解任)が指揮するチームを見ることに好奇心をくすぐられるものの、ルイス・スアレスを間近で見ることを待ちきれなかった。

read more...

キャプテンの役割は、全てのプレーヤーにとって最もやりがいがあり、最も過酷な役割となる可能性がある。もし、あなたがコーチとしてキャプテンを任命しようとする時には、以下の特性を探ることでキャプテンの可能性を見極めてほしい。

read more...

もし、あなたのチームにスター選手がいる場合、それはうれしい悩みであるように思う。しかし、あまりに多くの責任を背負わせることなく、優れた選手をコーチングする最良の方法はどういったものなのだろうか?

read more...

相手に対してチームが優位な状況に立つためにフリーキックが与えられる。コーチは、プレイヤーにその機会を最大限に活用できる準備をさせてほしい。これを活用する一つの方法が相手の守備が整わない時を利用することである。

read more...

成功するチームは多くの場合、安定したチームである。ここでは、チームに新しい選手を加えたときにの不安定な部分を軽減させるためのコツを紹介したい。

read more...

コーナーキックに問題を抱えていませんか?ショートコーナーを選択することは、ゴールへの簡単な方法となる良いヒントかもしれません。

read more...

栄養と食事はサッカーコーチとして私たち全員が才能に関係なく、改善をはかることが出来る分野だろう。コーチとして、選手が健康でより強靭なプレーヤーになるために、コーチは強い影響を持つ立場にいる。

read more...

前回のワールドカップでは、70%ものペナルティキックがGKの読みの反対側に蹴っていた。もし、プロ選手がそのような選択をしているのなら、ユース年代の選手はどのようなものなのだろうか?以下の、コーチングメソッドを用いて、ゴールキーパーにペナルティキックに対する準備をさせて欲しい。

read more...

バイエルンは、最初ゲームに入るのに苦労したが、後半の優れたパフォーマンスにより結果として勝利を勝ち取った。

read more...

サッカー選手は、通常90分の試合でいくつものスプリント(ダッシュ)を行う。 2010年ワールドカップで、メキシコのFWハビエル·エルナンデスのスプリントスピードは、時速32キロ/時(毎時近い20マイル)にも達した。

read more...

どの国の指導者資格の講習会でも話に上がるトピック、「守備の原則」、最終回の今回も2項目を一度に紹介!堅いディフェンスのための大事な要素を再確認しよう。

read more...

どの国の指導者資格の講習会でも話に上がるトピック、「守備の原則」、第2回目の今回は2項目を一度に紹介たい。堅いディフェンスのための大事な要素を再確認しよう。

read more...

サッカーではボールを失った瞬間からチーム全体が取り戻すためにアクションを起こさなければならない。可能であれば、すぐにでもボール保持者へプレスをかけてとってしまう、それが優先順位の第1となるだろう。そしてボール奪うことが不可能な場合は、次の優先順位として、ボール保持者へプレスをかけて速いカウンターアタックを防ぐことが重要となる。 ここではチームのフォーメーションなどは無関係である。それよりも以下にあげる守備の原則こそがボールをとろうとするチームと選手の行動を司り、規定する。 守備の原則 Pressure: プレッシャー(プレス)をかける Recovery: ポジションの回復:戻ってくる Cover: チームメイトのカバーをする Balance: バランスをとったポジションをとる 今回からどの国の指導者資格の講習会でも話に上がるトピック、「守備の原則」を見ていきたい。 第1回は、「プレッシャー」

read more...

栄養管理は、アスリートのトレーニングにおいて重要な構成要素の1つである。ただ残念なことに、これが選手のトレーニングの一環であるということが、度々見過ごされてしまうことがある。

read more...

サッカー指導において各選手に自身の能力の全てを積極的に出させる環境づくりとそのサポートをすることはとても大きなポイントだろう。そんなサッカーコーチングの一つの側面として今回はハーフタイム中の「褒め方」と「しかり方」のヒントを示したい。ぜひより効果的な「ハーフタイムトーク」が出来るよう活かしてもらいたい。

read more...

どんなコーチだって普段からSSG(Small Sided Games=少人数制のゲーム形式練習)を練習に取り入れているはずだ。そしてもちろん...

read more...

トレーニング中にチーム全体が見え、そこで起こっていること全てを把握できれば、コーチが選手たちの間違いを正させることや、いいプレーを褒めることなど、選手のパフォーマンスへのコーチング(フィードバック)をより効果的に行えることにつながる。

read more...

サイドバックは現代サッカーにおいてきわめて重要なプレイヤーである。現代のサイドバックの役割は、サイドで対面するアタッカーを止めて、センターバックをサポートするディフェンシブな役割だけではない。

read more...

最近、イングランドサッカー協会レベル2ユース受賞式というものに出席する機会があった。(※今回の、コラム出典元はイングランドサッカー協会指導員の記事です。)ここで、出た議題の一つとしては、選手にサッカー選手として学んで、上達してもらうには、テクニックや技術の練習を”繰り返し”やることの重要性であった。

read more...

これは、「ユースコーチのための、選手とその両親とのコミュニケーションのとり方」について本を書いたミカエル・ラングロイス氏の記事を抜粋したものである。普段、選手の両親と接することも多いユース年代のコーチは、特にこのような点で両親に気をつけてほしいと感じることもあるかもしれない。

read more...

良いサッカー選手は顔を上げてプレーできる。彼らはピッチの上でどこにスペースがあり、どこに味方がいて、どこに敵がいるかを意識することができる。

read more...

普段から以下のようなのようなボディーランゲージやサインに気を配れば、選手を力づけることができ、彼らのモチベーションを上げられ、さらには戦術的なヒントも与えられるだろう。

read more...

コーチ自身が試合に貢献することは可能だ。でも中には試合前の準備は怠らないのに、試合の重要な時間帯にそれほどの気を使っていないコーチがよくいる。

read more...

多くの若いコーチが「うちの子たちは集中力がなく、すぐに話が聞けなってしまう」と嘆いている。そんなコーチたちに、ここでは経験豊かなコーチたちからのアドバイスを紹介しよう。

read more...

トップページに戻る