Tag archive :: 全年齢対象

最もコーチングで大変なことはなにか?とどのコーチに尋ねても、「偽9番」や「ゲーゲンプレス」などといった回答は出てこないだろう。そのかわりに、現代のプレイヤーと仕事をすること、従事すること、最大のポテンシャルを引き出すことといったことが最も大変であると回答するだろう。

read more...

バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督は就任してから現在までの18ヶ月間で、ユップ・ハインケス前監督が残した3冠チームを、以前のスタイルの形跡がほとんど見えないほどに進化させた。ある意味固定的だった各選手のポジショニングは状況(問題)に対応する形に置き換えられ、その中でも特に大きな変更点は、1つのゾーンで4つのポジションをカバーしてしまう「内寄りの両サイドバック」の導入だろう。

read more...

世界的なスポーツ心理学者であり多くのサッカー選手のキャリアに携わってきたダン・アブラハム氏とouthtoprosoccer.com(訳者注:翻訳元サイト)のQ&A(後編)を紹介しよう。

read more...

ダン・アブラハム氏は世界的なスポーツ心理学者であり、科学者であり、そして指導者でもある。 彼は常日頃よりヨーロッパ各地(特に英プレミアリーグ)でスポーツ心理学アドバイザーとして活躍しており、ウェストハムユナイテッドのリザーブチームで過去の選手として扱われていたカールトン・コールを18ヶ月間でイングランド代表に上り詰める支えとなるなど、過去10年間にわたり多くの事例を手がけてきた。

read more...

全てのサッカーコーチにとって最大の懸念は、チームがキックオフの時に精神的にも肉体的にも試合の準備ができていないことだろう。もちろん、準備には1週間使うこともあれば、それ以上使う時もある。しかし、キックオフの1時間前でもその不安は頭から離れないだろう。私たちは全員、チームにベストな状態でピッチに送り出し、プレーしてもらいたいと思っている。では、誰が何を必要とし、いつピッチに出ていくのだろう?この疑問に答えるのはとても難しい。

read more...

 ~サッカー心理学者ダン・アブラハム氏のアドバイス~

read more...

キャプテンの役割は、全てのプレーヤーにとって最もやりがいがあり、最も過酷な役割となる可能性がある。もし、あなたがコーチとしてキャプテンを任命しようとする時には、以下の特性を探ることでキャプテンの可能性を見極めてほしい。

read more...

ルイス・スアレスのような才能をもつ者に私達が退屈になる瞬間など決して無いだろう。万が一、あなたがサッカーに興味がないならば、スアレスという選手はリバプールのフォワードで、先週の日曜日(※記事執筆時)のプレミアリーグ、チェルシーとの対戦で、相手ディフェンダーのイヴァノヴィッチに噛み付いた選手である。

read more...

意識しているかどうかに関わらず、我々はすでにそして確実に「新しい現代サッカー」の時代に入っている。ビューティフル・ゲームと形容されて、幼いころから生活の側にあったサッカーというスポーツは今では世界規模のビジネスになっている。 サッカーとそれを取り巻く環境は多くの面で変化を遂げてきたが、この5年間は特にそれが著しい。

read more...

バイエルンでバルセロナスタイルは確立できるのだろうか? 監督が違えば同じチームでもプレースタイルと結果は大きく変わるのだろうか。2013-2014シーズン、ドイツで新たな試練を選んだグアルディオラが全世界の注目を集めている。今回は1st Touch Futbolのコラムを紹介しよう。

read more...

今回はボールを受けたときのコントロールの向上と、同時に相手選手からのプレッシャーの中でのプレーの改善をねらいとしたトレーニングを紹介しよう。

read more...

サッカーにおいてオフェンス面のコーチングをする際にはセンシティブなバランス感覚が必要といえる。 攻撃のプレー原則を浸透させることも大切な一方で、そのために選手達が堅苦しい枠に嵌められてしまわないように配慮しなければならない。

read more...

攻撃の原則:サポート 2013年07月26日

チームでボールキープ(ポゼッション)するためには、ボールを保持している選手の周りで味方選手が「サポートのポジショニング」をとっている必要がある。

read more...

サッカーの攻撃におけるモビリティー=機動性とは、ボールを持っていないときの動き全体を意味する。90分間のサッカーの試合中、選手は何キロもの距離を動き、ハードに運動することが要求される。しかし...

read more...

攻撃の原則シリーズ、今回は同時に幅と深みというトピックを取り上げよう。 ともにピッチを広く使うというものだが、それぞれの要素にはどんな効果があるのだろうか。

read more...

ペネトレーション=(直訳すると侵入や突破)というサッカー用語は、第一に「ボールを前方に運ぶ」ということを意味する。しかしこの言葉はサッカーの攻撃のシーンではさらに、ボールを相手の裏のスペースへ送り込む、そしてゴールの機会を創り出すために相手DFの裏のスペースに攻め込むという意味も持つ。

read more...

攻撃の原則 -はじめに- 2013年07月26日

先日サッカーにおける守備の原則を紹介したが、今回はぜひ攻撃の原則について語りたいと思う。点を取るための効果的な攻撃を行うため、ぜひ以下を参考にしてもらいたい。

read more...

攻撃の原則 -はじめに- 2013年07月26日

先日サッカーにおける守備の原則を紹介したが、今回はぜひ攻撃の原則について語りたいと思う。点を取るための効果的な攻撃を行うため、ぜひ以下を参考にしてもらいたい。

read more...

どの国の指導者資格の講習会でも話に上がるトピック、「守備の原則」、最終回の今回も2項目を一度に紹介!堅いディフェンスのための大事な要素を再確認しよう。

read more...

どの国の指導者資格の講習会でも話に上がるトピック、「守備の原則」、第2回目の今回は2項目を一度に紹介たい。堅いディフェンスのための大事な要素を再確認しよう。

read more...

サッカーではボールを失った瞬間からチーム全体が取り戻すためにアクションを起こさなければならない。可能であれば、すぐにでもボール保持者へプレスをかけてとってしまう、それが優先順位の第1となるだろう。そしてボール奪うことが不可能な場合は、次の優先順位として、ボール保持者へプレスをかけて速いカウンターアタックを防ぐことが重要となる。 ここではチームのフォーメーションなどは無関係である。それよりも以下にあげる守備の原則こそがボールをとろうとするチームと選手の行動を司り、規定する。 守備の原則 Pressure: プレッシャー(プレス)をかける Recovery: ポジションの回復:戻ってくる Cover: チームメイトのカバーをする Balance: バランスをとったポジションをとる 今回からどの国の指導者資格の講習会でも話に上がるトピック、「守備の原則」を見ていきたい。 第1回は、「プレッシャー」

read more...

サッカーは、他のスポーツの追随を許さないほど、世界で一番大きなスポーツである。そのゲームの純粋な美しさは、シンプルさから来るものである。2つのチームが、相手より沢山のゴールを入れようと競うだけ。なんてシンプルなスポーツだろうか!?

read more...

「攻守を切り替えるスピードは決定的に重要なことである。相手チームが守備的組織を整えてた後では、ゴールを奪うことはとても難しい。相手がボールを失った瞬間こそ、戻りきれていない相手選手のスペースを利用する絶好の機会なのだ。」(ジョゼ・モウリーニョ)

read more...

残念ながら、ケガはサッカーでは日常的によくあることだ。頻発する足首の捻挫~前十字靭帯の断裂まで、サッカー選手は怪我に苦しみ、その影響は個人だけでなくチームにも大きな影響を与える。

read more...

セントラルMFはチームのエンジンと言える。もし、チームがこの中盤のエリアをコントロールできれば、ゲームで起こることを支配して統率することとなるだろう。良いチームは、必ずこのポジションにワールドクラスのプレイヤーを抱えている。これらの選手は度々、チームのエンジンであったり、オーケストラの指揮者などと表現される。

read more...

季節が徐々に夏に向かっていくにつれ、暑さや脱水症状の問題がでてくる。1年の中でこの時期の練習や試合は、当然高温多湿の条件の中で行われることが多い。

read more...

サッカー指導において各選手に自身の能力の全てを積極的に出させる環境づくりとそのサポートをすることはとても大きなポイントだろう。そんなサッカーコーチングの一つの側面として今回はハーフタイム中の「褒め方」と「しかり方」のヒントを示したい。ぜひより効果的な「ハーフタイムトーク」が出来るよう活かしてもらいたい。

read more...

多くのサッカーファンには、明らかなシミュレーション(実際に足がかかっていないのに倒れるなど、審判を欺くために選手が行う行為)や倒されたあとに大げさに転げまわる選手、そして相手選手が反則を犯した際に審判へ駆け寄ってカードを出すよう激しく抗議する選手などは見ていて気分が悪くなるだろう。

read more...

サッカー選手の才能や成功の可能性を探るとき、多くの場合、フィジカルやテクニック面に焦点をあてることが多いだろう。スピード、カラダの大きさ、ボールスキルなどは評価プロセスの多くを支配することもある。

read more...

どんなコーチだって普段からSSG(Small Sided Games=少人数制のゲーム形式練習)を練習に取り入れているはずだ。そしてもちろん...

read more...

サッカー選手の才能や成功の可能性を探るとき、多くの場合、フィジカルやテクニック面に焦点をあてることが多いだろう。スピード、カラダの大きさ、ボールスキルなどは評価プロセスの多くを支配することもある。

read more...

今回はポルトガルのポルト市のカンファレンスにてプレゼンテーションを行った、「サッカートレーニングには発展性と課題設定が必要」というトピックの最終章を紹介しよう。

read more...

今回もポルトガルのポルト市のカンファレンスにてプレゼンテーションを行った、「サッカートレーニングには発展性と課題設定が必要」というトピックを引き続き話したい。

read more...

最近(訳注:元記事投稿時点から)ポルトガルのポルト市で行われたサッカーコーチングセミナーにて、このタイトルのテーマでプレゼンテーションした。そのうち第1部をまず紹介しよう。

read more...

種目やかける時間は違っても、どのチームで行っているはずのドリル練習(基礎技術の反復練習)、競争相手もいないと馴れ合いになってしまったりだらけたりするはず・・・。 今回はドリル練習をより現実的で実践的にするための3つのシンプルなヒントを紹介しよう。

read more...

サイドバックは現代サッカーにおいてきわめて重要なプレイヤーである。現代のサイドバックの役割は、サイドで対面するアタッカーを止めて、センターバックをサポートするディフェンシブな役割だけではない。

read more...

ついこの間、練習試合からの帰り道、運転しながらどうしても相手チームのある選手のことが心に引っかかっていた。とくに、その相手チームのコーチは私のよく知る人で、指導に非常に力を入れている人だったからなのだが、そんなコーチなのに、1選手に試合を台無しにさせてしまった。

read more...

サッカーコーチとは、チームのリーダーとして選手や保護者から敬意を払われる存在、そして模範となるものなはずである。このために絶対的に重要な要素の一つは、「試合中の審判団への敬意を持った言動の徹底」である。(当たり前のようなことだが、常に気を配れているコーチたちは実は少ない。では実際どのようなことに気をつけるべきなのだろうか・・・。)

read more...

これは、「ユースコーチのための、選手とその両親とのコミュニケーションのとり方」について本を書いたミカエル・ラングロイス氏の記事を抜粋したものである。普段、選手の両親と接することも多いユース年代のコーチは、特にこのような点で両親に気をつけてほしいと感じることもあるかもしれない。

read more...

【サッカーの技術面での高まり】 プレイヤーは、より身体的に強く速くなる必要があるだけでなく、また速くて正確なパス(特にアタッキングゾーン)も必要となっている。

read more...

【サッカーのフィジカルの重要性の高まり】 100年以上前にサッカーが生み出されて以来、サッカーは変化と革新を遂げてきた。しかし、この中でも、近年20年間はこれまでよりも多くの変化を遂げた時期になるだろう。

read more...

「いいチーム」とは、安定したチームであることが多い。今回は新選手がチームに合流する際に起こりがちな、「チームの不安定化」を防ぐヒントを紹介しよう。

read more...

(イングランド)FAリスペクトとは、全てのレベル・カテゴリーの選手の振舞いを向上するためのプログラムである。

read more...

もし今までに、グランドに雪が積もってしまったせいでトレーニングをキャンセルしようと思った経験があれば、この経験に基づくヒントを読んでみたく思うかもしれない。

read more...

トップページに戻る