Tag archive :: ワールドカップ2014

ワールドカップは終わり、ドイツは依然として勝利を祝福していることだろう。そして、最初の詳細な技術分析が出来上がり、Sports Pathのロビン・ラッセル氏と同僚たちが、「ワールドカップテクニカルレポート2014」をまとめた。これからより多くの分析が行われるだろうが、最初の分析としては、数字上でいくつかの興味深い点を提供してくれている。

read more...

普通であれば、ワールドカップでのゴール記録が塗り替えられたとなれば、そのストライカーはニュースのトップになるだろう。しかし、クローゼの16ゴール目は、ドイツがブラジルに7-1という歴史的な大勝利と重なったため、ニュースの副題になってしまった。

read more...

コロンビアのカウンター・アタックは、セカンドチームでありながらも素晴らしかった。

read more...

お互いの予想された特徴が出た、見どころの乏しい試合であった。

read more...

日本は先制したが、コートジボアールはサイドバックが上がることで常に危険を生み出しているようであった。

read more...

コロンビアは南米におけるベルギーのようなものである。ここ数回、W杯の本選出場を逃してたものの、突然に素晴らしいタレントとともに、特に攻撃陣において魅力的なチームに生まれ変わった。

read more...

ユーロ2004でギリシャが、大会の優勝国、当時最高のチーム、ホスト国に対して、連続した1-0の勝利によってヨーロッパに衝撃を与えたことから、今年で10年が経とうとしている。

read more...

2012年にコートジボワールが代表監督にサブリ・ラムシ氏を任命したことの違和感は現在もまだ消え去っていない。

read more...

もし今回のワールドカップがポジティブで積極的な数チームが少数で多くのチームが残念なほど守備的な戦いをベースにしたとしても、日本代表はきっと数少ない賞賛されるチームになることだろう。

read more...

トップページに戻る