Tag archive :: ユース・ジュニアユース対象

今回はUEFA Bのクロスとシュートのレベルアップのテーマでのゲームに即したトレーニングを紹介しよう。

read more...

今回トレーニングメニューを紹介するトニー・ミー氏はロザハム・ユナイテッドのアカデミー指導責任者である。ミー氏はUEFA ‘A’ライセンスを保持し、FAレベル1・2の指導者インストラクターでもある。ロザハム・ユナイテッドでは2002年より活動している。

read more...

今回は攻撃にフォーカスしたポール・キー氏のトレーニングメニューを紹介したい。キー氏は(訳者注:記事執筆当時)北アイルランドU-17代表コーチ兼アイルランドサッカー協会の地域パフォーマンスコーチとして活動している。UEFAプロライセンスを保持し、A級ライセンス・インストラクターでもある。

read more...

今回紹介するトレーニングメニューは機動性や認識力を要求するアタッキングサードでのパフォーマンス向上を狙いとしたものである。

read more...

ナイジェル・ロー氏は2011年12月から北アイルランドプレミアリーグに所属するグレナヴォンFCのトップチームコーチとしての役職を任されている現在(記事掲載当時)27歳の指導者だ。 ロー氏は既にUEFA‘A’級ライセンスを保持しており、そしてトップチームレベルで活躍する最も若いコーチの一人である。

read more...

今回はスコットランド・プレミアリーグ、セント・ミランFCのユースチームコーチ、スコット・アリソン氏のトレーニング「Building from the back 4-3-3 v 4-4-2」を紹介しよう。

read more...

今週紹介するのはショート+ロングパスの技術、1vs1の攻防の局面、そしてさらには切り替えの瞬間にフォーカスしたトレーニングだ。

read more...

昨シーズンのチャンピオンズリーグでユルゲン・クロップ監督のボルシア・ドルトムントがその戦い方で旋風を巻き起こしたことは記憶に新しい。 クロップ監督の守備システムはトレーニングでのハードワークの成果であり、今回は一部分のみであるがどのような練習メニューを通じて試合の準備がなされているかを紹介したい。

read more...

今回は私(訳注:記事元サイト筆者)が2009年にニューカッスルユナイテッドのアカデミーを訪ねた際に行われていたトレーニングを紹介しよう。

read more...

もし、あなたのチームにスター選手がいる場合、それはうれしい悩みであるように思う。しかし、あまりに多くの責任を背負わせることなく、優れた選手をコーチングする最良の方法はどういったものなのだろうか?

read more...

今回は実践的な練習メニューを紹介します。こういった攻撃の形の「1例」をトレーニングしながら、パスの質や走り出しのタイミング、それにスピードといった普遍的な分野のレベルアップが出来れば良いですね。

read more...

今回は自陣深い位置に引いて守備をする際、そしてその後カウンターアタックを仕掛ける際それぞれのポイントを紹介したい。このトピックで最初に守備をしているチームは前線のスペースを相手に明け渡しながら、バックラインはペナルティーエリア周辺(もしくは中)まで引いて守る。現実的には特にアウェーチームが0-0やもしくは僅差でリードしている段階でこういったチーム戦術を見ることが出来る。

read more...

切り替えとボールポゼッションをテーマにした練習を今回は紹介しよう。 このメニューを活用し、実際の試合に近い形で「プレッシャーのかけ方と奪ってからの速い攻撃」そして「ボールキープやサイドチェンジ」のトレーニングを行ってもらいたい。

read more...

栄養管理は、アスリートのトレーニングにおいて重要な構成要素の1つである。ただ残念なことに、これが選手のトレーニングの一環であるということが、度々見過ごされてしまうことがある。

read more...

【前編より続き】有能なサッカーコーチであるためには、サッカーについて深い知識を持っているだけでは足りないだろう。コーチは、自分自身を優れたコーチへと成長させ、勝てるチームへと導くことができる優れたキャラクター・性格を持つ必要がある。

read more...

有能なサッカーコーチであるためには、サッカーについて深い知識を持っているだけでは足りないだろう。コーチは、自分自身を優れたコーチへと成長させ、勝てるチームへと導くことができる優れたキャラクター・性格を持つ必要がある。

read more...

最近、イングランドサッカー協会レベル2ユース受賞式というものに出席する機会があった。(※今回の、コラム出典元はイングランドサッカー協会指導員の記事です。)ここで、出た議題の一つとしては、選手にサッカー選手として学んで、上達してもらうには、テクニックや技術の練習を”繰り返し”やることの重要性であった。

read more...

サッカー界において将来につながる才能を見つけることは簡単ではない。ときには論理的というよりもむしろ感覚的な作業になることもある。

read more...

トップページに戻る