Tag archive :: トレーニングメニュー

もし、ハーフタイムに1-0で負けている時は、より攻撃的に攻めていかなければならない。このセッションは、前線の選手だけに過大に期待することなく、チームとしてアタッキングマインドを高めていくのに効果的なトレーニングである。

read more...

このスモールサイドゲームでは、顔を上げてどの選択肢があるか意思決定を促すための判断を求めるゲームである。片方のエンドには、2つのゴールが設置してあり、どちら方が空いているかを判断して、プレースイッチングを効果的に行う必要がある。

read more...

タイトなエリアでのボールコントロールは、ファイナルサードへの侵入をはたす成功するチームにとって不可欠である。この負荷の高いセッションは、パスとコントロールの能力を養成するのにとても役立つだろう。

read more...

最近のサッカーの傾向ではショートパスを非常に重視しているため、若い選手では、そのトレーニング量が少なく、正確なロングボールを蹴ることができない場合がある。しかし、それは全員が身につけておくべきものである。以下のサッカードリルでは、ロングキックのスキル習得に役に立つトレーニングとなるだろう。プロレベルの試合を観ていると、一つのロングボールがゴールに向かうアタッカーへの決定的な瞬間を作り上げるシーンがあることだろう。

read more...

このトレーニングでは、あなたのチームのゴールキーパーにビクトル・バルデスのように、後ろからアタッキングを組み立てるように励ましてほしい。

read more...

このトレーニングでは、カウンターアタックが始まるタイミングを選手に認識させてほしい。このトレーニングにおいては、素早い突破とディシジョンメイキング(意思決定)がカギとなる。

read more...

ペナルティエリアではホアン・マタのようなクリエイティビティを選手に求めてほしい。そして、スキルだけでなく、パスの強弱と走り出しのタイミングが創造性のある攻撃には重要であることも選手には教えてほしい。

read more...

このゲームは、試合の中で輝きをもたらす最もテクニックのある選手であった一人のジョージ・ベストにちなんで名前が付けられたトレーニングである。

read more...

このトレーニングは、ちょっとした時に使うことができる、お互いの頭脳も競争させるトレーニングである。コーチのの声を聞いて、素早く反応してほしい。

read more...

多くの若い選手は、ボールだけを見てしまい、ゴールをするためにピッチのどこにパスをすればよいかまでは見えていない。もし、今の2倍視野を広く持つことができれば、選手が注意を払うことができるサインやフリーラン、ゴール機会に2倍気づくことができるだろう。ここでは、そういったもの対応する最適なトレーニングを紹介したい。

read more...

相手陣内にあるゴールを奪うには、ボールを前方に運ばないといけないことを理解させてほしい。

read more...

このゲームでのサッカーコーチングのポイントは、パスの正確さ、ボールコントロール、ファーストタッチとボールをインターセプトする技術や予想である。このゲームをプレーするときには、「モンキー」、「飼育員」、「訪問者」の全ての役割ができるようにローテーションをしてほしい。

read more...

最もトレーニング効果の高いスキルの一つに、空中にあるボールを叩くボレーキックがある。

read more...

もし、雪がピッチを覆ってしまったり、何らかの事情で限られたトレーニングしかできない場合は、このシンプルなパスゲームを試してみてほしい。このパス回しのドリルを使って、雪合戦をするよりもボールを使って楽しく集中してほしい。

read more...

オフザボールの動きと素早いスローインを推奨するスモールサイドゲームである。

read more...

Q:「トレーニング中、選手たちに個人戦術をどのくらいの時間を使って話すべきでしょうか?選手たちは、話し終えるころには退屈そうに見えたり、ほかの選手は、本来の練習メニューがどういったものか忘れてしまうこともあるのですが。」

read more...

ラインブレーキングパスとは、敵のフォーメーションのラインの間を真っ二つに射抜くパスである。二人のディフェンスの間を抜くパスは、ディフェンスのラインを引き裂くパスになる。

read more...

時間とスペースがある状態でボールを受けた時、プレーヤーは身体を開いて、前方にドリブルができるように後ろ側の足でボールを受けると良い。

read more...

ディフェンスでのダイヤモンド(四角形)は、チームのミッドフィールドが自陣方向に深く落ちることで図のように形成される。ゴールキーパーと2人のセンターバックと四角形の形が作られる。

read more...

育成に定評のある、イングランド、ウェストハムのアカデミーディレクターであるトニー・カー氏から紹介された、こちらのトレーニングでは、ドリブルとシュートにフォーカスして、アタックとディフェンスのスキルを向上させる狙いがある。

read more...

技術の習得は、若いゴールキーパーが習得するべきことの最も重要な点である。若いゴールキーパーは、俊敏で反応も早いかもしれないが、充分な技術を習得していないがためにセービングをした時に身体を痛めやすい傾向もある。以下の、コーチングポイントを使って、セービングをいかに安全に行うかを身につけてほしい

read more...

選手がピッチにおける自分のポジショニングを認知していることは、試合においてとても重要なことである。もし選手がエリア全体をカバーできていれば、ディフェンスでもアタックでも試合をより簡単にすすめられるだろう。

read more...

このサーキットは、試合のウォームアップなどであまり強度をかけすぎず、脚に負荷をかけたいときに適したメニューである。

read more...

子供たちは、ゴールが中央にあるため、ボールも真ん中にあった方がゴールへの道筋が近いと考えがちである。それの問題点は、ピッチの中央に全員が集まってしまい、ゴールへの道筋が閉ざされてしまうことである。かわりに、あなたが選手たちに、ピッチ全体を使って、外側からくずす方法を教えてあげてほしい。

read more...

ストライカーはゲームの中でいろいろなシュートのシチュエーションに直面するだろう。そのため、あなたは、彼らが直面するだろうシーンに準備出来るようにトレーニングをしてもらう必要がある。このトレーニングメニューを使って、選手がゴール前でどういったことが必要かに意識を向けてもらい、強い強度とスピードでボールに反応できるようにしてほしい。

read more...

ゴールキーパーにとって、手でボールを扱うことが最も快適だろう。ボックスの端まで移動して、ボールを空中に思い切り投げてほしい。そして、スローイングのスキルは時として、キックよりも懸命な判断になることもある。

read more...

ゴールを割らせないことは、点をとることと同じようにとても大事なことである。そして、ゴールキーパーの醍醐味としては、セービングをすることでもある。ここでは、ゴールキーパーのセービングのコツをいくつかお伝えしたい。

read more...

サッカーの試合は、常にゴール前の攻防というわけではない。チームは、攻撃を構築するために、素早く様々なポジションチェンジと方向の変更を行わなければならない。また、ディフェンダーは、異なるアングルからのアタックに反応しなければならない。

read more...

サッカーの基本的なスキルの一つとして、選手は空いたスペースを活用しながら動き、ボール保持者をサポートする能力というのがある。このトレーニングでは、ボールをキープしながら、ピッチで動きが出るようにトレーニングを行いたい。

read more...

サッカーのウォームダウンをすることは、コーチングの役割としては重要なことであるが、選手に熱心に、興味深く、活き活きとウォームダウンに向かってもらうことはとても難しい面もある。このトレーニングメニューは、一度に多くの選手が参加できて、積極的に取組みやすいメニューとなっている。

read more...

スモールサイドゲームでは、選手のルックアップを促して自分たちが何の選択肢があるのかを把握して、意思決定をさせるようにしてほしい。一方のエリアに、2つのゴールを置くためゴールのチャンスは増える。そのため、素早いスイッチプレーをしてディフェンスを引きはがしてほしい。

read more...

相手に対峙した時に、スペースを自ら切り開くためにロナウド・チョップ(Ronaldo Chop)のようなテクニックを身につけよう。まずは、ボールが止まっている状態から練習してみてほしい。

read more...

ウェンブリーでのリバプール対マン・シティのキャピタルワンカップ決勝では、ユルゲン・クロップ率いるリバプールのウォームアップを興味深く観察していた。下記は、基本的なメニューである。ウォームアップでは、先発組だけが参加して、控えは各自でコンビネーションの確認をし、フィットネスコーチを伴い決められたエクササイズを行っていた。

read more...

バルセロナやユベントス、バイエルンミュンヘンといった勝者としての評判を持つチームは、試合に対してのメンタルの面で真剣なアプローチを持っている。彼らは、勝利やポジティブな考えがクラブに浸透している。彼らは、勝者であり、勝利がまたさらにポジティブな考えをもたらしている。しかし、もしあなたが敗者のチーム側だとしても、勝者に必要不可欠な要素を身につけることで、チームを鼓舞することはできるだろう。

read more...

ジュニア、ユース年代ではゴールを背にした時に、マーカーにタイトにつかれている状況でのボールコントロールやターンをしてディフェンダーを抜くといったことに、難しさを感じる選手も少なくない。

read more...

サッカーにおいて、1vs1はとても重要であるが、このドリルは、どんどんローテーションを回すことができ、選手に必要以上の休みを与えず、退屈させない点でコーチにとっても理想的で助かる練習である。1vs1の状況では、ディフェンダーとアタッカーの両方が、常に集中して、相手の出方を読まなければならない。

read more...

ゴールに必要なスペース創造するためには、効果的な相互理解がシュートチャンスを生み出すために大きな助けとなるだろう。

read more...

ロングスローは、ユース年代のサッカーにおいてはちょっとした流行になっており、特にゴール付近では、フリーキックやコーナーキックのように効果的である。それらに対抗するには、ボールが入れられたときに、選手に責任を意識させて基本的な構成やルールを決めなければならない。これらのスキルを身につけるために、こちらのトレーニングメニューを参考にしてほしい。

read more...

私は、4の形を描くように走るので、このトレーニングを選手たちに44テストといって伝えている。このトレーニングは簡単であるが、非常に便利であり、試合前の最後のウォームアップや、他のセッション中に休みを与える代わりにこれで強度を上げたりしている。

read more...

最近、初めてトレーニングセッションを担当する若いサッカーコーチと話していたところ、非常に多くのコーチが5歳、6歳くらいの子供たちにどうやってトレーニングを行ったらいいか不安に思っており、それはとても興味深いことであった。

read more...

優れたディフェンダーは、相手のミスを誘うようにプレッシャーをかけることができる。このトレーニングのルールでは、ボールに近いプレイヤーがポゼッションをしているプレイヤーにプレスをかけにいかなければならない。

read more...

今回はスコットランド・プレミアリーグ、セント・ミランFCのユースチームコーチ、スコット・アリソン氏のトレーニング「Building from the back 4-3-3 v 4-4-2」を紹介しよう。

read more...

プレミアシップのトップチームに共通している一つのことが、際立った才能のある、「ライン間」でプレーできるアタッキングプレーヤーを保有していることである。シルバ、コウチーニョ、エジルやアザールのようなアタッキングプレーヤーは、マークするのが困難であり、プレッシャーの中でもボールを受けられることができ、効果的なドリブルをすることができる。

read more...

このトレーニングは、フィールドの高い位置からのプレスをかけるチームに対して、バックラインからビルドアップをするトレーニングとなる。ボールポゼッションをチームで取り組む一方で、プレスをかけるチーム(青チーム)がハードワークすることで、より赤チームは多くのチャレンジに向き合い、問題を解決しなければならない。そのため、ハイテンポのプレスはこのトレーニングに欠かせない要素である。

read more...

今回は私(訳注:記事元サイト筆者)が2009年にニューカッスルユナイテッドのアカデミーを訪ねた際に行われていたトレーニングを紹介しよう。

read more...

今回は実践的な練習メニューを紹介します。こういった攻撃の形の「1例」をトレーニングしながら、パスの質や走り出しのタイミング、それにスピードといった普遍的な分野のレベルアップが出来れば良いですね。

read more...

切り替えとボールポゼッションをテーマにした練習を今回は紹介しよう。 このメニューを活用し、実際の試合に近い形で「プレッシャーのかけ方と奪ってからの速い攻撃」そして「ボールキープやサイドチェンジ」のトレーニングを行ってもらいたい。

read more...

シュート練習に戦術要素を持たせると? 今回紹介するシュート練習は切り替えのスピードをテーマしたものです。 スピード感があって盛り上がるこのトレーニング、ぜひ一度チームで試してみてください!

read more...

最近、イングランドサッカー協会レベル2ユース受賞式というものに出席する機会があった。(※今回の、コラム出典元はイングランドサッカー協会指導員の記事です。)ここで、出た議題の一つとしては、選手にサッカー選手として学んで、上達してもらうには、テクニックや技術の練習を”繰り返し”やることの重要性であった。

read more...

トップページに戻る