Tag archive :: ジュニア対象

今回はジュニア年代でボールを奪うことをテーマにしたトレーニングで使える、テクニカルウォームアップを紹介します。積極的にボールをとるための練習の導入としてぜひ使ってみてくださいね。

read more...

最近、初めてトレーニングセッションを担当する若いサッカーコーチと話していたところ、非常に多くのコーチが5歳、6歳くらいの子供たちにどうやってトレーニングを行ったらいいか不安に思っており、それはとても興味深いことであった。

read more...

ドリブルで相手をかわせるようになるにはどうすればいいのでしょう? 美しく巧みなボールさばきで相手DFをあざむき、抜き去る。体を揺らすだけでボールには触れずに相手のバランスを崩し、逆をとる。特に難しい技をしているようではないのに絶妙な体の入れ方やボールの置き場所で相手をかわしてしまう。そんなドリブル力上達のためのキーポイント(コンセプト)を今回は紹介したいと思います。

read more...

今回は私(訳注:記事元サイト筆者)が2009年にニューカッスルユナイテッドのアカデミーを訪ねた際に行われていたトレーニングを紹介しよう。

read more...

もし、選手の親御さんが練習中にあなたのアシスタントコーチのように振舞っているならば、試合中も引き続きコーチングに参加したがるのは不思議ではないだろう。これは、いくつかの理由により、注意深く監視する必要がある。

read more...

GKのポジションは、小学生年代では最もやってもらうのが難しいポジションかもしれない。このサッカードリルとコーチング方法をもって、あなたのチームのGKが役割に対して前向きに取り組んでもらえるようにして欲しい。

read more...

指導者として子供たち(選手達)と良い関係を築き、それを保つには距離感と規律が大切なキーポイントになる。ぜひ以下を参考にコーチと選手の関係を考えてもらいたい。

read more...

参加したサッカーコーチングコース(指導者講習会)では私はいつも多くの素晴らしいプロコーチ達との出会いとそして彼らとの対話を楽しんできた。 そういった機会でよく興味深く話を聞くのが、プロチームが育成年代の選手の将来性や才能を見極めようとする際、どういった事柄を重視しているのかということである。

read more...

今回のテーマは若く熱心なコーチほどはまってしまいがちなオーバーコーチング(教えすぎ)。ぜひ以下のガイドを参考に選手達への声のかけ方を考えてもらいたい。

read more...

今回はサッカーコーチとして「褒める」ことと「ミスを指摘すること」の比率に気を配ることの重要さを紹介したい。

read more...

どんなチームでも、試合に負け続けてしまう時期があるはず、そんなときコーチには、選手のやる気をキープし、士気が下がることを防ぎ、前向きに結果と向き合えるようにサポートすることが要求される。

read more...

【前編より続き】有能なサッカーコーチであるためには、サッカーについて深い知識を持っているだけでは足りないだろう。コーチは、自分自身を優れたコーチへと成長させ、勝てるチームへと導くことができる優れたキャラクター・性格を持つ必要がある。

read more...

有能なサッカーコーチであるためには、サッカーについて深い知識を持っているだけでは足りないだろう。コーチは、自分自身を優れたコーチへと成長させ、勝てるチームへと導くことができる優れたキャラクター・性格を持つ必要がある。

read more...

最近、イングランドサッカー協会レベル2ユース受賞式というものに出席する機会があった。(※今回の、コラム出典元はイングランドサッカー協会指導員の記事です。)ここで、出た議題の一つとしては、選手にサッカー選手として学んで、上達してもらうには、テクニックや技術の練習を”繰り返し”やることの重要性であった。

read more...

良いサッカー選手は顔を上げてプレーできる。彼らはピッチの上でどこにスペースがあり、どこに味方がいて、どこに敵がいるかを意識することができる。

read more...

ジュニア年代を教えるサッカーコーチにもっとも必要とされること・・・それは情熱である。これこそが一番重要な資質である。子供たちはコーチが熱心な努力家であればしっかりとついてくるだろう。

read more...

育成年代チームの指導者にとって、練習や試合中において、ポジティブな言葉選びをこころがけることは重要なポイントのはず。選手たちにとって、常に肯定的な言葉を与えられているだろうか。

read more...

トップページに戻る