Tag archive :: コーチング用ヒント

デモンストレーションは、若いプレイヤーに情報を届けるためにとても有益な方法である。ここでは、効率的にデモンストレーションを実現するための6つのステップを紹介したい。

read more...

タイトなエリアでのボールコントロールは、ファイナルサードへの侵入をはたす成功するチームにとって不可欠である。この負荷の高いセッションは、パスとコントロールの能力を養成するのにとても役立つだろう。

read more...

Relative age effect とは? 2016年12月24日

Relative age effectを直訳すると、「相対的年齢効果」、ピンと来ないが、簡単に言えば、学年の区切りが選手にどのような影響を与えるかを検証したものである。つまり、日本であれば、4月生まれ~翌3月生まれが同じ学年になることに対しての影響を検証したものである。

read more...

このトレーニングでは、カウンターアタックが始まるタイミングを選手に認識させてほしい。このトレーニングにおいては、素早い突破とディシジョンメイキング(意思決定)がカギとなる。

read more...

ペナルティエリアではホアン・マタのようなクリエイティビティを選手に求めてほしい。そして、スキルだけでなく、パスの強弱と走り出しのタイミングが創造性のある攻撃には重要であることも選手には教えてほしい。

read more...

技術の習得は、若いゴールキーパーが習得するべきことの最も重要な点である。若いゴールキーパーは、俊敏で反応も早いかもしれないが、充分な技術を習得していないがためにセービングをした時に身体を痛めやすい傾向もある。以下の、コーチングポイントを使って、セービングをいかに安全に行うかを身につけてほしい

read more...

脚がつったり、痙攣したりするのは、サッカー選手のふくらはぎのように良く動く筋肉では日常的に起こることである。それが起こった時にどう対処するか、どうやって予防するかを示したい。

read more...

初めてトラップを覚える子供や初心者には、ボールをトラップするコツをこのやり方を使って示してあげてほしい。

read more...

これは、相手プレイヤーを交えたプレーに慣れるために最適のスモールサイドゲームである。これは、ボールコントロールとボールシールディングの機会を与えるだけでなく、競争的なゲームとしても面白さがある。

read more...

ドリブルで相手をかわせるようになるにはどうすればいいのでしょう? 美しく巧みなボールさばきで相手DFをあざむき、抜き去る。体を揺らすだけでボールには触れずに相手のバランスを崩し、逆をとる。特に難しい技をしているようではないのに絶妙な体の入れ方やボールの置き場所で相手をかわしてしまう。そんなドリブル力上達のためのキーポイント(コンセプト)を今回は紹介したいと思います。

read more...

4vs4のトレーニングプログラムの大きな利点の一つは、プレーヤーがボールをパスすることに慣れて、それが自然と身に付くことである。それにより、ゴールを生み、難しい局面も打開でき、観てても美しくなる。しかし、それを実現するには、ショートパスが何かを理解しなければならないし、いつそれを使うべきかも確認しなければならない。

read more...

ボールをインターセプトすると、タックルする代わりに、あなたのチームはボールを取り返して、攻撃のセットアップをすることができる。このサッカーコーチングのセッションでは、ゲームの読み方を学び、いつ、どこに相手チームがパスをするかを予測して、ボールをインターセプトできるようになることである。

read more...

私たちの生活において、いじめが容認される場所はどこにもないはずである。もし、サッカーコーチであるあなたが、チーム内でのいじめに気付いているのならば、個人とチームに大きな影響が出てしまう前に即座にそれに対処する必要がある。

read more...

今回はサッカーコーチング.jp公式パートナーサイトのhttp://www.pro-soccerdrills.com/よりトレーニングメニューを紹介しよう。 目的: フィールドの中央から攻撃を構築して、4-2-3-1のフォーメーションでクロスからのフィニッシュを目指す。このサッカードリルでは、戦術的な動き方をクセ付ける点も焦点を当てている。対象-U16以上 難易度-4(5段階中)

read more...

パス練習に人の移動が伴うと、その強度とテンポは一気にあがる。このトレーニングは、私のお気に入りのメニューの一つであり、パート1ではテクニカル、フィジカル、意思決定の要素が組み込まれており、パート2ではそこに戦術的な要素が加えられるので、セッションをこれでスタートするようにしている。

read more...

もし、あなたのチームにスター選手がいる場合、それはうれしい悩みであるように思う。しかし、あまりに多くの責任を背負わせることなく、優れた選手をコーチングする最良の方法はどういったものなのだろうか?

read more...

全てのサッカーコーチが、教えている年代に関係なく、どのプレースタイルがチームの戦略に合うのか決めなければならない。ビルドアップをするのか、カウンターアタックを狙うのか。しかし、ゲームの中でもそれを変えることも怖がらないでほしい。

read more...

タンネンバウム-シュミットの連続体とは、リーダーによって与えられる自由とチームを管理するために使われる権威の関係性を示したリーダーシップモデルのことである。それぞれのマネジメントスタイルの長所と短所を比較することは興味深いことである。

read more...

キックとコントロールの練習を紹介します。一連の流れで練習を進めるには各ポジションで正確なキックとコントロールが必要となります。

read more...

もしあなたのチームが前線にポジションを取っていれば、例え相手陣内でボールを失ったとしても、そこでボールを取り返せば絶好のチャンスになるだろう。アタッカーに切り替えの早さを植え付けて、ボールを素早く取り返すためにこのトレーニングを使ってほしい。

read more...

サッカーにおいてオフェンス面のコーチングをする際にはセンシティブなバランス感覚が必要といえる。 攻撃のプレー原則を浸透させることも大切な一方で、そのために選手達が堅苦しい枠に嵌められてしまわないように配慮しなければならない。

read more...

攻撃の原則:サポート 2013年07月26日

チームでボールキープ(ポゼッション)するためには、ボールを保持している選手の周りで味方選手が「サポートのポジショニング」をとっている必要がある。

read more...

サッカーの攻撃におけるモビリティー=機動性とは、ボールを持っていないときの動き全体を意味する。90分間のサッカーの試合中、選手は何キロもの距離を動き、ハードに運動することが要求される。しかし...

read more...

攻撃の原則シリーズ、今回は同時に幅と深みというトピックを取り上げよう。 ともにピッチを広く使うというものだが、それぞれの要素にはどんな効果があるのだろうか。

read more...

ペネトレーション=(直訳すると侵入や突破)というサッカー用語は、第一に「ボールを前方に運ぶ」ということを意味する。しかしこの言葉はサッカーの攻撃のシーンではさらに、ボールを相手の裏のスペースへ送り込む、そしてゴールの機会を創り出すために相手DFの裏のスペースに攻め込むという意味も持つ。

read more...

攻撃の原則 -はじめに- 2013年07月26日

先日サッカーにおける守備の原則を紹介したが、今回はぜひ攻撃の原則について語りたいと思う。点を取るための効果的な攻撃を行うため、ぜひ以下を参考にしてもらいたい。

read more...

もし、チームがボールを持ったときに、ストライカーがあまりにも下がっていれば、チームにとってはディフェンスからアタッキングに移るのが困難になり、相手にとっては守るのが簡単になってしまう。

read more...

説明: このサッカードリルは、「オーバーロードポゼッション」と言われる練習で、一方のチームが相手よりも多くの選手がいて、多いチームのほうはボールをキープしながらスペースを作り、ゴールチャンスを作ることを求められる。

read more...

栄養管理は、アスリートのトレーニングにおいて重要な構成要素の1つである。ただ残念なことに、これが選手のトレーニングの一環であるということが、度々見過ごされてしまうことがある。

read more...

セントラルMFはチームのエンジンと言える。もし、チームがこの中盤のエリアをコントロールできれば、ゲームで起こることを支配して統率することとなるだろう。良いチームは、必ずこのポジションにワールドクラスのプレイヤーを抱えている。これらの選手は度々、チームのエンジンであったり、オーケストラの指揮者などと表現される。

read more...

この15年~20年の間にサッカーは戦術的に大きく変化した。 プレイヤーは固定したポジションを持つことは少なくなり、専門のポジションでプレーできるプレイヤーもよりオールラウンドな能力が求められるようになった。しかしながら、柔軟性があり、効率的であるためにピッチ上では依然としてそれぞれ異なる役割が存在する。

read more...

トレーニング中にチーム全体が見え、そこで起こっていること全てを把握できれば、コーチが選手たちの間違いを正させることや、いいプレーを褒めることなど、選手のパフォーマンスへのコーチング(フィードバック)をより効果的に行えることにつながる。

read more...

種目やかける時間は違っても、どのチームで行っているはずのドリル練習(基礎技術の反復練習)、競争相手もいないと馴れ合いになってしまったりだらけたりするはず・・・。 今回はドリル練習をより現実的で実践的にするための3つのシンプルなヒントを紹介しよう。

read more...

良いサッカー選手は顔を上げてプレーできる。彼らはピッチの上でどこにスペースがあり、どこに味方がいて、どこに敵がいるかを意識することができる。

read more...

ジュニア年代を教えるサッカーコーチにもっとも必要とされること・・・それは情熱である。これこそが一番重要な資質である。子供たちはコーチが熱心な努力家であればしっかりとついてくるだろう。

read more...

「いいチーム」とは、安定したチームであることが多い。今回は新選手がチームに合流する際に起こりがちな、「チームの不安定化」を防ぐヒントを紹介しよう。

read more...

(イングランド)FAリスペクトとは、全てのレベル・カテゴリーの選手の振舞いを向上するためのプログラムである。

read more...

育成年代チームの指導者にとって、練習や試合中において、ポジティブな言葉選びをこころがけることは重要なポイントのはず。選手たちにとって、常に肯定的な言葉を与えられているだろうか。

read more...

このビデオでは、選手はボールをできるだけ足元でキープし、顔を上げながら、狭いスペースでコーンを周ったり、通ったりすることを求められている。

read more...

~前編より続き~ より発展した練習として、選手にはグリッドで 3 vs 1 でプレーしてもらうのだが、グリッドの真ん中にボールを置く。

read more...

幼年期、小学生の選手にとって、まずはボールに馴染んで、そして顔を上げながらのボールコントロール、色々な足の部分でのボールの扱い方を知ることはとても重要である。

read more...

もし今までに、グランドに雪が積もってしまったせいでトレーニングをキャンセルしようと思った経験があれば、この経験に基づくヒントを読んでみたく思うかもしれない。

read more...

普段から以下のようなのようなボディーランゲージやサインに気を配れば、選手を力づけることができ、彼らのモチベーションを上げられ、さらには戦術的なヒントも与えられるだろう。

read more...

サッカーにおける大事なプレー技術のひとつに、「自身のためにスペースを作る」というものが上げられる。

read more...

コーチ自身が試合に貢献することは可能だ。でも中には試合前の準備は怠らないのに、試合の重要な時間帯にそれほどの気を使っていないコーチがよくいる。

read more...

多くの若いコーチが「うちの子たちは集中力がなく、すぐに話が聞けなってしまう」と嘆いている。そんなコーチたちに、ここでは経験豊かなコーチたちからのアドバイスを紹介しよう。

read more...

国際的に活躍するトップコーチたちはよく、「自分なりのサッカー哲学を見つけ、それをつらぬく」と言う。では、これをあなたのコーチする、育成年代チームに当てはめてみるのはどうだろう?案外、それほど難しくないこともかもしれない。ここではシンプルな覚え方とともに、サッカーコーチングをするうえで必要な、いくつかのポイントを紹介しよう。

read more...

トップページに戻る