Tag archive :: コーチング哲学

指導において「選手の状況対応力」とはどれほど重要なのだろう。 今回の記事ではダン・ライト氏(UEFA ’A’ライセンス)が語る、コーチングは白黒はっきりしたものではなく、選手たちがそれぞれ探索しながら歩み進められる柔軟な枠組みを創ることだという考えを紹介しよう。

read more...

私たちの生活において、いじめが容認される場所はどこにもないはずである。もし、サッカーコーチであるあなたが、チーム内でのいじめに気付いているのならば、個人とチームに大きな影響が出てしまう前に即座にそれに対処する必要がある。

read more...

(※9月時点)マンチェスターユナイテッドのリーグ戦での出遅れにより、コーチは哲学をチームに植え付けるべきか、選手がすでに慣れ親しんでいるシステムでプレーをさせるべきかという議論が活発になされている。理論的には、哲学を植え付け、プレースタイルを確立させることの方が、コーチにとっては簡単である。あなたがバルセロナのようにプレーして観客を楽しませたいということをアナウンスするのにはそれ程多くの手間はいらない。難しい部分としては、かつての良い結果を懐かしみながらも、次々と短いスパンでゲームが組み込まれているときである。あなたの哲学が試される時はそのような時である。

read more...

今回のトレーニングセッションでは、バイエルンのペップ・グアルディオラのメニューを紹介したいと思う。これは、ハイテンポのパス回し、流動性と戦術的な要素を多分に取り入れたグアルディオラの典型的な練習である。

read more...

タンネンバウム-シュミットの連続体とは、リーダーによって与えられる自由とチームを管理するために使われる権威の関係性を示したリーダーシップモデルのことである。それぞれのマネジメントスタイルの長所と短所を比較することは興味深いことである。

read more...

ジョゼ・モウリーニョが採用しているコーチング法の一つに「Guided Discovery(直訳:導かれた発見)」と呼ばれるものがある。この理論を説明したニール・ハル(NSCAA全米サッカーコーチ協会 テクニカルコーディネーター)の文章を紹介しよう。

read more...

戦術的ピリオダイゼーション理論で有名なレアル・マドリード監督ジョゼ・モウリーニョ。 彼の作った、試合をターゲットに置いたトレーニングサイクル哲学を紹介します!

read more...

戦術的ピリオダイゼーション理論で有名なレアル・マドリード監督ジョゼ・モウリーニョ。 彼の作った、試合をターゲットに置いたトレーニングサイクル哲学を紹介します!

read more...

トップページに戻る