Tag archive :: コーチングアドバイス

~勝利のための成功は必要ない~。この一文を読んだ多くの方が、「もしこれが真実ならば、勝率で監督やチームの資質を評価するコーチ、両親、選手たちがたくさんいるじゃないか。」と思うだろう。

read more...

サー・アレックス・ファーガソンに、プレミアリーグでのマンチェスターユナイテッドの成功の秘訣を聞こうとした際に、「我々にとって最も重要な側面はトレーニングである。土曜のゲームで起きていることは、すでにトレーニンググラウンドで起きているからである。」と、言われたことがある。

read more...

低い弾道でのゴールキーパーからのキックは、ディフェンダーがポジションから外れているなかで、アタッカーにとって、カウンターからのゴールを奪う絶好のチャンスとなることがある。

read more...

質問: 「今日の練習には4人しか練習に参加しませんでした。これで3週間連続でこのような状態です。お互いに貴重な時間を割いているだけに、私に何か問題があるのでしょうか?

read more...

【質問】アンダー8のチームでは、選手のスキルにかなりバラつきがあります。何人かの子供は、上手くいかない時にほかの子を非難してしまうこともあります。どうすれば、彼らにサッカーはチームスポーツであり、みんな平等に大切であるということを理解してもらえるでしょう。

read more...

適切な言葉選びが、選手のモチベーションを高めるし、そうでなければやる気を削いでしまうこともある。いくつかのコツを意識して、言葉での成功を手にしてほしい。

read more...

もし、みなさまに「才能のある選手に出会ったことがありますか?」と尋ねれば、おおよそ全員が「はい。もちろん!」と答えるだろう。もしかしたら、選手名を挙げて、「昔、●●選手と対戦したがすごかった!」と実名を挙げて説明できる人も少なくないと思う。では、今回はその考えに少しばかりの疑問を投げかけてみたい。

read more...

Q:「トレーニング中、選手たちに個人戦術をどのくらいの時間を使って話すべきでしょうか?選手たちは、話し終えるころには退屈そうに見えたり、ほかの選手は、本来の練習メニューがどういったものか忘れてしまうこともあるのですが。」

read more...

ディフェンスでのダイヤモンド(四角形)は、チームのミッドフィールドが自陣方向に深く落ちることで図のように形成される。ゴールキーパーと2人のセンターバックと四角形の形が作られる。

read more...

アーセナル・レディースのアタッカーであるケリー・スミスは、先月、チェルシーとのFAカップ決勝を勝った時に、彼女の輝かしいキャリアにまた一つ新しいトロフィーが加わった。ケリーは、アメリカのカレッジを経て、多くの時間をアメリカのチームでプレーするとともに、アーセナルでの2度のキャリアを過ごしている。

read more...

プレミアリーグを優勝したクラウディオ・ラニエリは、「コーチとして試合に勝つには非常に多くのカギがあります。謙虚さ、ロッカールームでの強さ、選手たちは重要な瞬間をお互いに助け合い、心と魂でプレーし、11人で仕事をします。私は、イングランドのスピリットが好きだったし、またチームには良いハーモニーがあった。」と言っている。

read more...

このセッションではお互いが何をしているか知るために、チームメイトとのコミュニケーションについて学んでほしい。 ユース年代では、ボールをパスする時に不十分なコミュニケーションのせいで、多くのミスが発生する。コミュニケーションを教えることで、将来においてより良いチームへ発展する助けとなるだろう。

read more...

もし、ジュニア・ユース年代の子供たちを教えているのなら、個人のスキルや能力を高めてあげるのはとても素晴らしいことである。しかし、コーチであるあなたは、1人のプレイヤーが試合で勝つということはなく、試合に勝つためには効果的なチームワークが必ず必要であることを、しっかりと強調することを忘れないで欲しい。

read more...

ピグマリオン効果という言葉を聞いたことはあるだろうか? ご存知の方は、教育学や心理学に詳しい方かもしれないし、サッカーコーチの勉強を多面的に行う中で、この言葉に出会ったのかもしれない。 もちろん、ご存じない方も少しだけ興味をもって読み進めて頂ければ幸いである。

read more...

最もコーチングで大変なことはなにか?とどのコーチに尋ねても、「偽9番」や「ゲーゲンプレス」などといった回答は出てこないだろう。そのかわりに、現代のプレイヤーと仕事をすること、従事すること、最大のポテンシャルを引き出すことといったことが最も大変であると回答するだろう。

read more...

最もゴールを決めるやり方で衝撃的な方法であるだろう。選手たちにオーバーヘッドのやり方を教えれば、プレーヤーたちは一生懸命それを使おうとするだろう。

read more...

このサッカードリルで、選手の攻撃時のヘディングに取り組んで、バーの上をこえてしまうヘディングを減らし、ゴールの中により多くのヘディングをしてチャンスを増やしてほしい。

read more...

新入生が入学する4月、プレイヤーだけでなくコーチもまた新しい環境、新しいやり方で指導を再構築する時期かもしれない。ここでは、ビジネスの組織作りにも使われるチーム変革の方法を1つ紹介したい。

read more...

ペナルティキックは、ゴールキーパーとキッカー両方にとって意思決定の瞬間である。多くのプロフェッショナルのゲームでは、1試合平均ゴール数は2.5ゴール程度なので、ペナルティキックは試合結果に大きな影響を与えるだろう。ペナルティキックは時速200キロまでスピードが到達することもあり、蹴ってから通常0.25秒以内にゴールに入る。それゆえに、ゴールキーパーはボールが蹴られる前にどのように止めるかを決めなければならない。

read more...

全てのサッカーコーチにとって最大の懸念は、チームがキックオフの時に精神的にも肉体的にも試合の準備ができていないことだろう。もちろん、準備には1週間使うこともあれば、それ以上使う時もある。しかし、キックオフの1時間前でもその不安は頭から離れないだろう。私たちは全員、チームにベストな状態でピッチに送り出し、プレーしてもらいたいと思っている。では、誰が何を必要とし、いつピッチに出ていくのだろう?この疑問に答えるのはとても難しい。

read more...

ブレンダン・ロジャーズ監督下でのリバプールは、シーズンを通して戦術的な柔軟性を示した。シーズン当初は4-2-3-1、そして3-1-4-2、4-3-3を経て、最近では4-1-2-1-2となっている。これはリバプールのフォーメーションを変えることで相手に対して戦術的な優位性を持ち、様々なやり方で試合のコントロールを得ることが出来るということである。

read more...

このトレーニングは、フィールドの高い位置からのプレスをかけるチームに対して、バックラインからビルドアップをするトレーニングとなる。ボールポゼッションをチームで取り組む一方で、プレスをかけるチーム(青チーム)がハードワークすることで、より赤チームは多くのチャレンジに向き合い、問題を解決しなければならない。そのため、ハイテンポのプレスはこのトレーニングに欠かせない要素である。

read more...

シーズン開幕から多くの人が感じていたように、なぜチェルシーのモウリーニョ監督のもとで、ホアン・マタが試合に入っていけないかを、私も不思議に思っている。(訳注:ホアン・マタは1月にマンUに移籍)

read more...

まずはじめに、私はリバプールファンでもルイス・スアレスのファンでもない。これだけは約束しよう!私は幸運にも日曜日に行われた、リバプール対トッテナムの壮絶なゲーム(2013年12月)を現地で観戦することができた。私があこがれる2人のコーチ、ブレンダン・ロジャースとアンドレ・ヴィラボアス(※現在は解任)が指揮するチームを見ることに好奇心をくすぐられるものの、ルイス・スアレスを間近で見ることを待ちきれなかった。

read more...

キャプテンの役割は、全てのプレーヤーにとって最もやりがいがあり、最も過酷な役割となる可能性がある。もし、あなたがコーチとしてキャプテンを任命しようとする時には、以下の特性を探ることでキャプテンの可能性を見極めてほしい。

read more...

全てのサッカーコーチが、教えている年代に関係なく、どのプレースタイルがチームの戦略に合うのか決めなければならない。ビルドアップをするのか、カウンターアタックを狙うのか。しかし、ゲームの中でもそれを変えることも怖がらないでほしい。

read more...

タンネンバウム-シュミットの連続体とは、リーダーによって与えられる自由とチームを管理するために使われる権威の関係性を示したリーダーシップモデルのことである。それぞれのマネジメントスタイルの長所と短所を比較することは興味深いことである。

read more...

相手に対してチームが優位な状況に立つためにフリーキックが与えられる。コーチは、プレイヤーにその機会を最大限に活用できる準備をさせてほしい。これを活用する一つの方法が相手の守備が整わない時を利用することである。

read more...

コーナーキックに問題を抱えていませんか?ショートコーナーを選択することは、ゴールへの簡単な方法となる良いヒントかもしれません。

read more...

もし、選手の親御さんが練習中にあなたのアシスタントコーチのように振舞っているならば、試合中も引き続きコーチングに参加したがるのは不思議ではないだろう。これは、いくつかの理由により、注意深く監視する必要がある。

read more...

プロのサッカーチームでさえ、チームの輪を乱す選手を1人も持たないことは非常に稀である。ジュニア年代のサッカーでは、気持ちの入っていない行動は特に深刻となってしまう可能性がある。次のいくつかのコツや方法があなたのこういった類の問題に対処する助けとなってほしい。

read more...

GKのポジションは、小学生年代では最もやってもらうのが難しいポジションかもしれない。このサッカードリルとコーチング方法をもって、あなたのチームのGKが役割に対して前向きに取り組んでもらえるようにして欲しい。

read more...

フィジカル能力とテクニックは非常に優れた選手の2つの大きな特徴である。これら2つの能力は決して独立したものではなく、密接にリンクしている。

read more...

コーチや選手で、フィジカルがサッカーにおいて重要ではないと主張する人はあまりいないだろう。ゲーム中の疲労は、乏しいパフォーマンスを誘発し、色んな問題へとつながっていく。

read more...

このシリーズではどのようにFA(イングランドサッカー協会)レベル2ライセンス水準のサッカートレーニングをプランするかを実際のレベル2トピック「スペースを作る技術」に焦点をあてて紹介している。今回は第2回としてプランのスタートとその発展1を取り上げる。 

read more...

FAレベル2(イングランドサッカー協会指導者資格、レベル2はJFA C級にあたる)の指導教官として今回は「スペースを作る」というトピックを例にトレーニングメニューのプランや発展方法などを紹介しよう。

read more...

この15年~20年の間にサッカーは戦術的に大きく変化した。 プレイヤーは固定したポジションを持つことは少なくなり、専門のポジションでプレーできるプレイヤーもよりオールラウンドな能力が求められるようになった。しかしながら、柔軟性があり、効率的であるためにピッチ上では依然としてそれぞれ異なる役割が存在する。

read more...

2008年2月10日、シエナとのスコアレスでの試合、ACミランのアンチェロッティ(※当時ACミラン監督)は、アルベルト・パロスキをピッチへと送り出した。15秒後、最初のタッチでゴールを奪い、パロスキはそのゲームでの唯一の得点を記録した。

read more...

2008年2月10日、シエナとのスコアレスでの試合、ACミランのアンチェロッティ(※当時ACミラン監督)は、アルベルト・パロスキをピッチへと送り出した。15秒後、最初のタッチでゴールを奪い、パロスキはそのゲームでの唯一の得点を記録した。

read more...

季節が徐々に夏に向かっていくにつれ、暑さや脱水症状の問題がでてくる。1年の中でこの時期の練習や試合は、当然高温多湿の条件の中で行われることが多い。

read more...

今回はポルトガルのポルト市のカンファレンスにてプレゼンテーションを行った、「サッカートレーニングには発展性と課題設定が必要」というトピックの最終章を紹介しよう。

read more...

今回もポルトガルのポルト市のカンファレンスにてプレゼンテーションを行った、「サッカートレーニングには発展性と課題設定が必要」というトピックを引き続き話したい。

read more...

サッカー選手にとって、ハムストリングの怪我は日常にありふれたものであるだろう。ハムストリングの損傷の重症度は、足首や膝の靭帯損傷などよりも復帰までに時間を要するものではないが、時として重大な問題を引き起こすこともある。

read more...

最近(訳注:元記事投稿時点から)ポルトガルのポルト市で行われたサッカーコーチングセミナーにて、このタイトルのテーマでプレゼンテーションした。そのうち第1部をまず紹介しよう。

read more...

サッカー選手にとって、ハムストリングの怪我は日常にありふれたものであるだろう。ハムストリングの損傷の重症度は、足首や膝の靭帯損傷などよりも復帰までに時間を要するものではないが、時として重大な問題を引き起こすこともある。

read more...

サイドバックは現代サッカーにおいてきわめて重要なプレイヤーである。現代のサイドバックの役割は、サイドで対面するアタッカーを止めて、センターバックをサポートするディフェンシブな役割だけではない。

read more...

ついこの間、練習試合からの帰り道、運転しながらどうしても相手チームのある選手のことが心に引っかかっていた。とくに、その相手チームのコーチは私のよく知る人で、指導に非常に力を入れている人だったからなのだが、そんなコーチなのに、1選手に試合を台無しにさせてしまった。

read more...

どんなチームでも、試合に負け続けてしまう時期があるはず、そんなときコーチには、選手のやる気をキープし、士気が下がることを防ぎ、前向きに結果と向き合えるようにサポートすることが要求される。

read more...

【前編より続き】有能なサッカーコーチであるためには、サッカーについて深い知識を持っているだけでは足りないだろう。コーチは、自分自身を優れたコーチへと成長させ、勝てるチームへと導くことができる優れたキャラクター・性格を持つ必要がある。

read more...

サッカーコーチとは、チームのリーダーとして選手や保護者から敬意を払われる存在、そして模範となるものなはずである。このために絶対的に重要な要素の一つは、「試合中の審判団への敬意を持った言動の徹底」である。(当たり前のようなことだが、常に気を配れているコーチたちは実は少ない。では実際どのようなことに気をつけるべきなのだろうか・・・。)

read more...

有能なサッカーコーチであるためには、サッカーについて深い知識を持っているだけでは足りないだろう。コーチは、自分自身を優れたコーチへと成長させ、勝てるチームへと導くことができる優れたキャラクター・性格を持つ必要がある。

read more...

最近、イングランドサッカー協会レベル2ユース受賞式というものに出席する機会があった。(※今回の、コラム出典元はイングランドサッカー協会指導員の記事です。)ここで、出た議題の一つとしては、選手にサッカー選手として学んで、上達してもらうには、テクニックや技術の練習を”繰り返し”やることの重要性であった。

read more...

トップページに戻る