Tag archive :: コーチの心構え

指導において「選手の状況対応力」とはどれほど重要なのだろう。 今回の記事ではダン・ライト氏(UEFA ’A’ライセンス)が語る、コーチングは白黒はっきりしたものではなく、選手たちがそれぞれ探索しながら歩み進められる柔軟な枠組みを創ることだという考えを紹介しよう。

read more...

This article was originally published on www.playerdevelopmentproject.com.     FCバルセロナでは目指すサッカーを実現するためにサッカー自体を考える際の言葉にもメスを入れている。Player Development Projectの記事からぜひその活動の一端を紹介したい。

read more...

世界のサッカーを見渡せば、私たちが抱くステレオタイプなチームというのは確実に存在する。例えば、バルセロナの「華麗なパスサッカー」などはその典型的なものだろう。ブラジル代表なども、比較的共通するイメージを持つかもしれない。では、私たちが率いるチームはどういう価値観があるのだろうか。そして、それを変えるには何に気を付ければよいのだろうか。

read more...

ルイス・スアレスのような才能をもつ者に私達が退屈になる瞬間など決して無いだろう。万が一、あなたがサッカーに興味がないならば、スアレスという選手はリバプールのフォワードで、先週の日曜日(※記事執筆時)のプレミアリーグ、チェルシーとの対戦で、相手ディフェンダーのイヴァノヴィッチに噛み付いた選手である。

read more...

意識しているかどうかに関わらず、我々はすでにそして確実に「新しい現代サッカー」の時代に入っている。ビューティフル・ゲームと形容されて、幼いころから生活の側にあったサッカーというスポーツは今では世界規模のビジネスになっている。 サッカーとそれを取り巻く環境は多くの面で変化を遂げてきたが、この5年間は特にそれが著しい。

read more...

現在サッカー界のさまざまな現場で採用されている「クーパーテスト」、今回はその誕生と実施の際の注意点を紹介しよう。

read more...

指導者として子供たち(選手達)と良い関係を築き、それを保つには距離感と規律が大切なキーポイントになる。ぜひ以下を参考にコーチと選手の関係を考えてもらいたい。

read more...

参加したサッカーコーチングコース(指導者講習会)では私はいつも多くの素晴らしいプロコーチ達との出会いとそして彼らとの対話を楽しんできた。 そういった機会でよく興味深く話を聞くのが、プロチームが育成年代の選手の将来性や才能を見極めようとする際、どういった事柄を重視しているのかということである。

read more...

サッカー界でトップフライトを続けるジョゼ・モウリーニョ監督(レアルマドリード)、彼が選手との関わり方へのこだわりを語った。

read more...

今回のテーマは若く熱心なコーチほどはまってしまいがちなオーバーコーチング(教えすぎ)。ぜひ以下のガイドを参考に選手達への声のかけ方を考えてもらいたい。

read more...

今回はサッカーコーチとして「褒める」ことと「ミスを指摘すること」の比率に気を配ることの重要さを紹介したい。

read more...

多くのサッカーファンには、明らかなシミュレーション(実際に足がかかっていないのに倒れるなど、審判を欺くために選手が行う行為)や倒されたあとに大げさに転げまわる選手、そして相手選手が反則を犯した際に審判へ駆け寄ってカードを出すよう激しく抗議する選手などは見ていて気分が悪くなるだろう。

read more...

トップページに戻る