【日本代表アーカイブ】2013年コンフェデ杯イタリア戦

イタリア4-3日本:イタリアの悪夢となるスタートだったが、プランデッリの早めの変更が試合を盛り返した。

 

イタリアは、オープンな試合を幸運とともに勝つことができた。

メキシコ戦では、イタリアは素晴らしい左サイドと、落胆した右サイドの出来であった。プランデッリ監督は左サイドはそのままに、右サイドは2人の選手を入れ替えた。マッジオがアバーテの代わりに入り、アクイラーニがマルキージオの代わりに入った。

ザッケローニは、前田遼一を前線に入れて、岡崎を右サイドに移し、清武が外れる形となった。日本は最初の30分は素晴らしかったが、プランデッリの交代策が徐々にイタリアに活力を与えることになった。

日本のプレス

日本のアプローチのカギは、前線からのプレスであった。彼らは、イタリアのセンターバックにプレスをかけて、誰もいないスペースへのロングボールを強いることができ、前半のほとんどをイタリア陣地で戦うことができた。

日本はピルロにも注意を払い、本田はこのユベントスのレジスタに最も近い位置で対処していた。これにより、ピルロはボールを素早く、近いショートパスを選択せざるを得ない状況であった。

このプレスにより試合のテンポは非常に速く、イタリアの選手はこれに苦戦しているようであった。セリエAは、主要リーグの中では比較的テンポが遅いリーグであり、(これが、ピルロやモントリーヴォなどの選手が活躍する理由でもあるが)この日も、ゆったりとしたペースの方が快適にプレーしているように見えた。

イタリアは、前線にボールを運ぶことができず、バロテッリは前線で孤立していた。

日本のサイドバックの攻撃参加

日本の2年前のアジア杯での成功は、長友と内田の大胆でテクニカルなサイドバックの攻撃参加が大きな武器であった。前の試合のブラジル戦では、日本のポゼッションが少なく、攻撃参加の機会が少なかったが、この試合では積極的にサイドバックのあがりが見られた。

もちろん、フォーメーションの上でもこれは理にかなっている。イタリアの4-3-2-1システムでは、ジャッケリーニの幅は狭く、内田をマークしきれない。アクイラーニも長友のサイドで同様である。

さらに、モントリーヴォとでロッシは、マッジオとデシリーオの負荷が高すぎるために、サイドバックに対応しようとしてケアするシーンも多くあった。これにより、岡崎と香川にスペースが空くという結果にもつながった。

プランデッリの変更

30分後、プランデッリはジョヴィンコをアクイラーニの代わりにピッチに投入した。これにより、戦術的な変更が加えられることになった。

アクイラーニは、特別悪い出来ではなかったが、ピッチ上での役割の理解に欠けていた。プランデッリの試合前の解釈では、この湿度では90分走ることは難しいので、ボールを保持する役割として、アクイラーニが先発していた。

イタリアは、明らかにボール保持においては失敗しており、プランデッリは、ボール保持の代わりにテンポや速さを持つジョビンコに切り替え、バロテッリと中盤をつなぐ役割を期待した。システムは変わらず、イタリアは2失点目を与えることになるが、ジョビンコの登場は、イタリアに違いをもたらすようになっていった。

ジャッケリーニとジョビンコは、少しワイドに開き、日本のサイドバックのあがりを抑制した。また、最も重要な役割として、イタリアの前線への活力を持たせて、日本に守る時間を増やしたことであった。また、2-0となった後に、試合のペースが落ちたこともプラスに作用した。イタリアは、でロッシのヘッドから1-2で試合を折り返すことになった。

後半

後半は、オープンな打ち合いとなった。イタリアは、バロテッリのサポート役としての、ジョヴィンコとジャッケリーニが良い働きをしていたが、日本のサイドバックの問題は解決できていなかった。長友は左サイドで良い働きをして、右の本田は、空いているスペースを効果的に使っていた。

ハラハラする後半だったが、より小さい要因に興味をひかれた。

マッジオなどのウイングバックがサイドバックで輝いていない点であった。クラブレベルでは、マッジオは、縦への推進力や逆からのクロスに対してファーサイドまでつめる場面もある。しかし、通常の4バックでは、守備の対応に非常に手を焼いているようであった。

香川が中に入り、長友がオーバーラップする中で、マッジオは非常にプレーしにくそうであった。プランデッリは、(攻撃的な選手であるが)4バックに慣れているアバーテに戻した。

逆サイドのデシリーオもメキシコ戦に比べて物足りなかった。彼は、右利きの左サイドバックとして少々珍しい配置であったが、逆足でタックルに行くこともあり、日本の3点目の原因にもなってしまった。

プランデッリのジャッケリーニからマルキージオへの交代は、ボールを保持してテンポを落ち着かせたいという意図があったが、この交代はあまり変化を生まず、依然として日本が前に出る展開となった。

ザッケローニのマイクハーフナーの投入は、後半のプランBとして意味のあるものであったが、空中戦のボールはほとんど供給されず、また試合のペースを落としてしまうものであった。この後半に関しては、よりテクニカルな選手が重宝されたかもしれない。

結論

ザッケローニは、優れた戦術家である。これは、良くも悪くもイタリアに対して完璧な戦術であった。守備ではイタリアのセンターバックとピルロを遮断し、攻撃では日本のサイドを活かしていく。

プランデッリの早々の交代は、イタリアをゲームに戻した。ジョヴィンコのような選手が、このゲームには適していた。しかし、プランデッリの最初の戦術は間違っていたと認めざる得ないだろう。

どちらの監督も、戦術的な側面が薄れてしまう、このような打ち合いを望んでいたわけではないだろう。そして、どちらのチームも勝ち越したときにゲームを締めることができなかった。(了)

 

 

 

 

友だち追加

Tags: Zonal marking  日本代表  
By: Admin
Posted: 2019年01月07日 16:31

Reference: Italy 4-3 Japan: Italy start terribly but Prandelli makes an early change to prompt a comeback

トップページに戻る