【日本代表アーカイブ】オーストラリア戦2011アジア杯決勝

李忠成の初めての国際試合での華麗なボレーシュートが、2011年アジアカップ決勝ゴールとなった。

ザッケローニは、準決勝の韓国戦から2つの変化を加えた。香川がケガで外れ、藤本がスタメンに入り、岡崎が左サイドへと移った。サスペンションの吉田麻也が、岩政の代わりに復帰した。

オーストラリアは準決勝のウズベキスタン戦からメンバーを変えず、4-4-2でスタートした。

試合は、典型的な「カップ戦の決勝」の様相で進み、激しく、緊張した、神経質な時間が大半を占めたが、ザッケローニの後半の途中で行った戦術的な変更がゲームを動かした。

オーストラリアの攻勢

日本のスタートは悪かった。パスはイマジネーションが乏しく、両サイドは疲れているように見え、前線の4人はほとんどコンビネーションがなかった。長谷部は、この大会を通じて重要な選手であったが、これまでのような影響が見えず、前半の多くの時間を後方で過ごしていた。

オーストラリアのアプローチはシンプルであった。イングランド的な4-4-2で、後方から前線にロングボールを蹴り、ワイドからクロスを上げる戦術を取った。しかしながら、これは前半、非常に効果を発揮して、ティム・ケーヒルは何もないところからチャンスを生み出し、キューエルがセカンドボールに絡む形が多くなった。

日本の守備は出どころを警戒していたものの、ルーカス・ネイルがケーヒルに対して長いボールを蹴ることが多かった。ネイルがボールを保持できないときは、右サイドのウィルクシャーにボールを預け、ケーヒルに対して正確なクロスボールを上げていた。逆サイドのカーニーも同じようにプレーしていた。

テンポ

試合の序盤はテンポの戦いであった。日本は試合のペースを落とし、グラウンダーでのプレーを増やし創造力のある前線の選手を活かしたかった。対して、オーストラリアはボックス内にできるだけボールを入れて、ダイレクトに早く勝負を仕掛けるようにしていた。序盤、オーストラリアは試合を支配したが、これが後々代償をはらうことになったかもしれない。フィットネスレベルが下がると、日本が徐々に攻勢を強めるようになった。

ザッケローニの変更

このゲームの決定的な瞬間は、56分に訪れた。ザッケローニは、あまり効果的ではなかった藤本に代えて岩政をピッチに送り出した。この交代は、ディフェンシブな交代のようにも見えた。しかし、ここから日本が支配を強めることになった。

日本はティム・ケーヒルとの空中戦に苦戦していた。そのために、岩政が入ることによってこの問題が幾分解消して、長友が前線に上がることができるようになった。

長友がカギ

長友は、このトーナメントでのベストプレイヤーと言ってもよい。前線に上がり、ウィルクシャーをけん制した。逆サイドの内田篤人も攻撃のマインドを持った選手で、日本は3-4-3のような形にも見えた。しかし、内田は4人のディフェンスを整備するときには、より深い位置を取った。

長友のポジションが上がったことが、この交代の主な成果となった。彼は2回の素晴らしいチャンスを前線から作った。1つめは、本田からボールを受けてボックス内にクロスを送り、岡崎のヘッドをアシストした。ヘッドは、わずかにポストの外側に外れたが、決勝ゴールを予感させるものであった。

2つめの、決勝ゴールはディフェンスのポジショニングミスも決定的であった。長友が左サイドでボールを持った時、李忠成とカーニーはボックス内で1vs1であった。ここでは、即座な危険はなかったが、オーストラリアのセンターバックはボールとニアサイドを警戒して、ギャップを埋める判断をした。これは、李忠成がファーサイドでフリーとなり、長友のクロスと李の素晴らしいボレーが試合を終わらせた。

 

結論

ザッケローニは、彼の戦術的な変更が試合を動かすことを疑っていなかった。「私は、中盤を強化したかった。藤本は1か月ケガで出ていなかったし、今野を守備的な中盤に入れることはできたが、チームのためにセンターバックでプレーさせていた。そこで、システムをかえることなしに長友を上げる方法を取った。長友のポジションを変更した後は、いくぶん良く見えた。今野をディフェンシブの中盤にあげて、遠藤と長谷部をより前にあげるやり方もあったが、今回は、長友をあげることでオーストラリアのコンパクトだったディフェンスがルーズになるように見えた。」

彼は、「システムはかえていない」というのは、少しミスリーディングを招くかもしれない。確かに同じフォーメーションかもしれないが、違う特性を持ったプレイヤーを当てはめたことで、完全に異なるチームとなった。

それをフォーメーションの変更と呼ぶかはわからないが、監督の賢い戦術的判断が試合を決定づけたものであり、トロフィーを勝ち取ることになった。(了)

日本代表スタメン:GK川島 DF吉田、今野、長友、内田、MF藤本、遠藤、長谷部、本田、岡崎、FW前田  交代:58分藤本→岩政 98分前田→李 120分内田→伊野波

友だち追加

Tags: Zonal marking  日本代表  
By: Admin
Posted: 2018年12月26日 13:30

Reference: Japan 1-0 Australia: late extra time winner

トップページに戻る