負けている時の攻撃的な戦術変更

もし、ハーフタイムに1-0で負けている時は、より攻撃的に攻めていかなければならない。このセッションは、前線の選手だけに過大に期待することなく、チームとしてアタッキングマインドを高めていくのに効果的なトレーニングである。

このトレーニングが必要な理由

ハーフタイムで1-0で負けている時、チームは相手ディフェンスをなんとかこじ開けなければならない。1つの良い戦術は、幅と深さを広げてプレーすることである。それにより、相手にタイトに中央をカバーしてプレーすることを許さないようにする。

セットアップ

40x40ヤードのエリアに、それぞれ片側10ヤードをチャネル(通路)として設定する。片側のエンドは通常のゴールで、もう片側は、チャネルに2つのミニゴールを置く。12名のプレーヤーでおこなう。

 

One Nil Down Tactics

 

 

トレーニング方法

6vs6でプレーするが、白チームにはゴールキーパーがおり、5人のフィールドプレーヤーは、4-1のフォーメーションでセットアップして、2つのミニゴールを目指してプレーする。赤チームは、6人のフィールドプレーヤーで、キーパーは置かず2-4のフォーメーションでセットアップして、1対0で負けている状況を想定してプレーする。それぞれのチームから1人ずつ、10ヤードのチャネルにポジションを取ることができるが、チャネルにはチームから1人しか入れない。それぞれ5回のアタックで攻守交替する。

身につけたいテクニック

これは、相手を引きはがすためのトレーニングであるため、試合のインテンシティを意識してプレーすることが大事である。ワイドに広がって、外から攻撃することを推奨してほしい。相手に脅威となるようなプレーが生まれ、攻撃側が利用するスペースを見つけてほしいが、一方で、後ろに残りディフェンスをするプレーヤーも必要であり、追加点を与えないようにカウンターに気を付けてほしい。(了)

友だち追加

Tags: トレーニングメニュー  
By: Admin
Posted: 2017年02月11日 14:28

Reference: 1-0 down tactics

トップページに戻る