アタッキングとしてのゴールキーパーのキック

低い弾道でのゴールキーパーからのキックは、ディフェンダーがポジションから外れているなかで、アタッカーにとって、カウンターからのゴールを奪う絶好のチャンスとなることがある。

ジュニアのゴールキーパーは、ボールがグランドにある時は、低くて長い距離キックを行うことは難しい。しかし、手からキックする時には、それは状況は異なる。

ドロップキックの方が、ジュニアのゴールキーパーにとっては、より遠くにボールを運ぶことができて、相手を混乱に陥れることができるだろう。

 

テクニック:

通常、手のゴールキーパーからのキックでは、空中に高くボールが上がってしまい、ボールが落ちるまで時間がかかってくるため、相手ディフェンダーはボールに対処するために充分な時間がある。

しかし、ドロップキックをうまく使えば、低い弾道で遠くのターゲットに速く到達することができる。

・ゴールキーパーは両手でボールを保持するか、利き足と反対の手のひらでボールを保持する。

・前に移動しながら、ボールを離す。

・ボールが弾んだ直後に、ボールをミートする。

・フォロースルーを大きく取り、よりパワーを伝える。(了)

友だち追加

Tags: ゴールキーパー  コーチングアドバイス  
By: Admin
Posted: 2016年10月31日 10:38

Reference: Goalkeepers can launch attacks

トップページに戻る