視野を広く持つトレーニング

多くの若い選手は、ボールだけを見てしまい、ゴールをするためにピッチのどこにパスをすればよいかまでは見えていない。もし、今の2倍視野を広く持つことができれば、選手が注意を払うことができるサインやフリーラン、ゴール機会に2倍気づくことができるだろう。ここでは、そういったもの対応する最適なトレーニングを紹介したい。

プレー方法

・コーン、ビブス、ボール、あれば小さなミニゴールを用意する。

・センターサークルを使う(18ヤード)。ミニゴールを2つをそれぞれ背面を合わせて置く。なければコーンでも良い。

・3人チームを3つ作る。しかし、必要に応じて適した人数に調整してほしい。

・2チームがセンターサークルに入り、センターサークルの外側にフリーマンを3人置いて、サポートさせる。

・ポゼッションでゴールを狙うチームは、外のフリーマンとワンツーをしてゴールを狙わなければならない。

・5分間で役割をローテーションする。

・難易度をあげたければ、ワンタッチ、ツータッチを採用する。

 

練習で身につくテクニック

・ポゼッションのチームは、ルックアップしてチャンスやチームメイトへのパスの機会を探る。しかし、ゲームをコントロールするためにフリーマンを使い、選手同士が走りこめるスペースを空けるためにフリーランをする。

・ディフェンスチームは、2つのゴールをどちらを守るか、ボールを取りに行くのかを素早く判断する。

・チームとしての技術と同様に、個人のイマジネーションを発揮する。(了)

友だち追加

Tags: トレーニングメニュー  
By: Admin
Posted: 2016年08月23日 23:20

Reference: Double vision

トップページに戻る