Q&A:戦術の講義は大事だが、どれくらいの時間をつかうべきなのですか?

Q:「トレーニング中、選手たちに個人戦術をどのくらいの時間を使って話すべきでしょうか?選手たちは、話し終えるころには退屈そうに見えたり、ほかの選手は、本来の練習メニューがどういったものか忘れてしまうこともあるのですが。」

AskDave 2 from SCW474

 

ANSWER:

トレーニングの最中に、あなたが選手に教えたいルールやプレー場面の選択に直面することはあるだろう。しかし、常に「簡潔に」を心がけてほしい。もし、選手たちがすぐにプレーを実行できない場合は、一旦トレーニングを止めて、30秒以内にポイントだけ伝えて、またトレーニングを再開してほしい。

もし、選手が初めてやるトレーニングであれば、こういったことも発生しないかもしれない。最初は、選手を褒めて、学んだことをさらに発展させるにはどうすればいいかを質問してほしい。

そして、ジュニアの若い選手であればあるほど考えを自分のものにするには時間がかかることを受け入れてほしい。

多くのコーチが直面する問題点としては、コーチがとても情熱的であり、教えること自体に夢中になり、それが最優先事項になってしまうことである。コーチは、ものごとを適切な方にもっていこうとしてしまう。情熱を伝えることは、知識を有することと同じくらいコーチにとって大切なことであるが、そこに度々問題が発生することとも気を付けてみてはいかがだろう?(了)

友だち追加

Tags: コーチングアドバイス  トレーニングメニュー  
By: Admin
Posted: 2016年07月05日 13:32

Reference: Tactical discussions are important. But how much time should you spend on them?

トップページに戻る