クリエイティブな攻撃に不可欠な、ライン間でのプレー

ラインブレーキングパスとは、敵のフォーメーションのラインの間を真っ二つに射抜くパスである。二人のディフェンスの間を抜くパスは、ディフェンスのラインを引き裂くパスになる。

ラインブレーキングランは、ラインブレーキングパスと似たようなものであり、この場合は、ボールではなくプレーヤーに対して使われる。

ラインブレーキングランは、通常、ピッチのファイナルサードで使われ、ミッドフィルダーやフォワードがゴールポジションのディフェンダーの間に入り込むときに使われる。クリスチャーノ・ロナウドなどは、ラインブレーカーのエキスパートである。

ディフェンダーとミッドフィルダー間のスペース、ミッドフィルダーとフォワードの間のスペースを「Between The Line」(ビットウィンザライン)という。※訳注 イングランドでは、このビットウィンザラインのプレーの概念を持ち込んだのは、元フランス代表のエリック・カントナのようです。彼のようにDFとMFの間に効果的にプレースペースを作る概念を差すようです。 (了)

友だち追加

Tags: トレーニングメニュー  練習アイデア  
By: Admin
Posted: 2016年07月02日 10:12

Reference: Playing between the lines can be vital to creative attacking play

トップページに戻る