ロナウド・チョップのトレーニング

相手に対峙した時に、スペースを自ら切り開くためにロナウド・チョップ(Ronaldo Chop)のようなテクニックを身につけよう。まずは、ボールが止まっている状態から練習してみてほしい。

ジャンプするように右足のヒールで、ボールの左足の後ろ側を通して、ボールの方向を変える。止まった状態である程度できるようになったら、同じ動きをディフェンダーを伴う中でトライして欲しい。ディフェンダーがボールに触れる距離に来る直前に、ヒールで脚を後ろ側を通して、困惑するディフェンダーを置き去りにする。

Ronaldo chop to the side move

コーチングのコツ: これをスピードを伴うスキルとして習得するには、自主練習や1人のトレーニングの時間を作る必要がある。

1.ディフェンダーに対して、スピードに乗った状態でドリブルをして、ボールをコントロールする。

2.右足をヒールでボールの方向を変えるには、スピードに乗った状態からボールをチョップ(叩く)必要がある。

3.左足でボールをジャンプするようにしてから、右足でボールをフリックする。

4.そして、前方に出来たスペースに対して、突破を仕掛ける。

 

ロナウド選手は、左右両足いろいろなシチュエーションでこのテクニックをつかっています。

 

↓ スマートフォンなどでLINEアプリをお使いの方は

  こちらからもトレーニングなどの情報がご覧いただけます。

友だち追加

友だち追加

Tags: トレーニングメニュー  練習アイデア  
By: Admin
Posted: 2016年03月27日 12:26

Reference: Soccer drill to teach the Ronaldo chop

トップページに戻る