インターセプトをする時のサッカーコーチング

ボールをインターセプトすると、タックルする代わりに、あなたのチームはボールを取り返して、攻撃のセットアップをすることができる。このサッカーコーチングのセッションでは、ゲームの読み方を学び、いつ、どこに相手チームがパスをするかを予測して、ボールをインターセプトできるようになることである。

このドリルで、選手が考えること

・ゴールとボールサイドをマークする。

・常に触れるほどの距離感にいる。

・ボールとパスの受け手を常に同一視野に入れる。

・身体の向きは少し横向きにかまえる。

・パスを予測する

パッサーの目や頭の動きから、意図を読み取れるか?受け手は準備出来ているか?彼らの予備動作は予測可能なものか?

ターンはさせてはならない。

もし、ボールを奪うことができなくても、プレーヤーの足を止めるために密着してついていく。

Soccer drill session to get players intercepting a pass

 

サッカードリルのおこない方

ボールの出し手を片方に置いて、もう片方にアタッカーの後ろにディフェンダーを付ける。

アタッカーは受け身であるが、横方向には動くことは可能である。

ディフェンダーは、いつアタッカーにパスを出すのか予測する。そして、アタッカーの前にでてインターセプトを試みる。

ドリル中には役割を変えて、全員がディフェンダーをやるようにする。

ドリルを発展させるには

アタッカーの移動制限を取り払う。アタッカーは、ボールを受けに行くことができ、振り向いて逆のラインを目指してドリブルで勝負することができる。

ディフェンダーは、アタッカーの動きに対応しながらもインターセプトするには充分な距離感をキープしなければならない。もし、インターセプトができなかった場合には、後ろのラインをドリブルですり抜けられないようにタックルで止めようとトライする。(了)

友だち追加

Tags: コーチング用ヒント  練習アイデア  
By: Admin
Posted: 2015年06月14日 15:23

Reference: Soccer coaching session on intercepting the ball

トップページに戻る