チーム内のイジメに対してどう対処するのか?

私たちの生活において、いじめが容認される場所はどこにもないはずである。もし、サッカーコーチであるあなたが、チーム内でのいじめに気付いているのならば、個人とチームに大きな影響が出てしまう前に即座にそれに対処する必要がある。

優れた習慣:

・チームやクラブ内でいじめに対する理念を持つべきである。しかし、いじめが起こる前に対処することがより良い解決法である。

・いじめは小さなことから始まるため、練習や試合で小さな過ちを見つけた段階で即座に撲滅していく。

・グループが集結する場所としてチームを存在させる。あなたが中心となり、サッカーの練習を軸とした環境をつくっていく。

・(いじめられている子に対して)元気づけてあることを直ぐにしてほしい。しかし、選手がその環境下でも「大丈夫」と言ったとしても、言葉通りに答えを受け取らないでほしい。

・いじめの被害者は、時として「容易に犠牲者」となってしまう。言い換えれば、彼らは、身体の大きさ、技術やコミュニケーションのちょっとした欠如のようなものでいじめられてしまう。トレーニングの中でも彼らの欠点がより浮き彫りになるような立ち位置に置かないことである。

 

いじめの兆候を認識する:

・いじめられている選手の態度は変わる - 選手がチームに関わっていくのに消極的や拒否反応を示してはじめていないか、そのサインを見つけてほしい。彼らは、理由もなしにトレーニングに来るこのを止めてしまったり、特定の練習メニューをやらない言い訳を作り始めるかもしれない。

・いじめられている選手が、選手間での雑談に参加していない、または反対に冗談のネタにされていることはないか、あなたはそういったことで気付くかもしれない。トレーニング中でも、取り残されて、ボールを渡されていないようなことが起きているかもしれない。(了)

友だち追加

Tags: コーチング哲学  コーチング用ヒント  
By: Admin
Posted: 2015年01月26日 01:22

Reference: Soccer coaching tips to help you deal with bullying - See more at: http://www.bettersoccercoaching.c

トップページに戻る