リバプールのダイヤモンド型ミッドフィルダ― ※守備編

ブレンダン・ロジャーズ監督下でのリバプールは、シーズンを通して戦術的な柔軟性を示した。シーズン当初は4-2-3-1、そして3-1-4-2、4-3-3を経て、最近では4-1-2-1-2となっている。これはリバプールのフォーメーションを変えることで相手に対して戦術的な優位性を持ち、様々なやり方で試合のコントロールを得ることが出来るということである。

検証対象:リバプールのダイヤモンド型ミッドフィールド vs マンチェスターUTDの4-4-1-1

ボールがサイドにある時のリバプールの中盤のマーク

Article 6 LivManUtdDiamond

【写真挿入文要約】 リバプールの中盤4人は真ん中のスペースを上手くカバーしており、マンUの選択肢は限られてしまっている。エブラからヤヌザイにパスは出ているが(黒矢印)、パスの選択肢は2つ(RVP、ルーニー)ともマークされている。

ここでは、ジェラードはマークに付かずにディフェンスとミッドフィールドのスペースを埋めている。ジョンソンは前方のスペースを埋めて、スクルテルはRVPに付き、アッガーはルーニーをマークしている。アレンはサイドでヤヌザイにプレスをかけて、ステアリングはキャリックをマークし、ヘンダーソンはフェライニを見ることができるポジションをとっている。

リバプールのディフェンダーに対してのハイプレス

Article 6 LivManUtdDiamond 1

【写真挿入部文要約】 ヴィディッチがショートパスの選択肢を探すものの、スアレスとスタリッジがセンターバックに対して1vs1であり、近くに出すことはできない。ステアリングもダイヤモンドの頂点で中盤をカバーしているので、結果ロングボールを蹴ることとなり、リバプールは2vs1(フラナガン、ヘンダーソンvsルーニー)の状況でボールを奪い返した。

スアレスが中からプレスをかける一方で、スタリッジのポジション取りからロングボールを蹴るしかない状況となっている。

リバプールは中盤を4vs3のハイプレスで全てのパスコースを塞いでいる

Article 6 LivManUtdDiamond 2

【写真挿入文要約】 ルーニーへのパスコースしか空いておらず、ここでもヘンダーソンとジェラードの2人が認知しており2vs1の状況でボールを奪うことができる。

ここでは、リバプールは全てのパスコースを塞いでおり、唯一のパスコースであるルーニーも、ヘンダーソンとジェラードがカバーできる。例え、ルーニーがボールを受けても後ろを向いてのプレーを余儀なくされる。

ファイナルサードでのディフェンス - ジェラードがマークをしているセンターバックの間をカバー

Article 6 LivManUtdDiamond 3

【写真挿入文要約】 ダイヤモンドの中盤では、ジェラードがマンマークをしているセンターバックのカバーをして、アランはサイドバックのマークをしてスアレスとスタンリッジが前線に留まることを可能にしている。ステアリングがフェライニにプレスをかけているが、マンU側はサポートが無いためリバプールの中盤の3人はポジションをカバーすれば良い。

ここでは、ジェラードがセンターバックの間のスペースを埋め、アランはラファエルを、ステアリングはフェライニを見ている。真ん中にマンUが使うべきスペースがあるが、ここには誰もいないため、バックパスをするか、もしくは予想が出来る攻撃をするしかなくなっている。

ミッドフィールドのプレスにより、ロングボールを誘発している

Article 6 LivManUtdDiamond 4

ここでは、スアレスはヴィディッチにラファエルへのパスをさせており、これがきっかけとなり前線へのパスを遮るためにアランはプレスをかける。これによりジェラードのいるコースへのパスか、もしくはルーニーかRVPへのロングボール(下の写真であるがここでも3vs2の状況)を余儀なくされている。

ジェラードは3vs1のカバーに入っている。

Article 6 LivManUtdDiamond 5

ロングボールとなれば、リバプールはジェラードがルーズボール、もしくはアッガーからのヘッドを受けることができ、そこから右サイドのジョンソンを使ってカウンターを仕掛けられることもできる。

(了)

 

 

この分析記事はStevie Grieve氏により著され、投稿元のWORLD CLASS COACHINGの許可の上、翻訳・転載しております。

http://www.worldclasscoaching.com/

 

友だち追加

Tags: コーチングアドバイス  リサーチ  
By: Admin
Posted: 2014年05月30日 11:29

Reference: Liverpool’s Diamond Midfield

トップページに戻る