攻撃の原則:創造性と意外性

サッカーにおいてオフェンス面のコーチングをする際にはセンシティブなバランス感覚が必要といえる。 攻撃のプレー原則を浸透させることも大切な一方で、そのために選手達が堅苦しい枠に嵌められてしまわないように配慮しなければならない。

サッカーには理論性と芸術性が共存している。もちろんそれぞれの占める割合に関しては人それぞれ意見があることだろう。それでもこのシリーズの「はじめに」の文章中に述べたように、トップレベルのサッカーの試合を観察すれば、それぞれのチームが事前にトレーニングされた動きと即興的なプレーのバランスを理解し実践していることが明確に分かるはずである。

良いコーチとは、戦術ではなく、個人的なプレーこそが最終的に試合を決定付けることを理解している。どのようなシステムも絶対的な個のクオリティーの前ではひれ伏さざるをえない。「突き詰めていうと得点とは相手チームのミスの結果である」という意見にしても、このようなミスの際に個々の選手の創造性が大きな効果を発揮するということを否定することは出来ないだろう。

チームに自分達の力で試合を決めるんだ、という決意とそれを実現するための能力を持った選手たちがいれば結果は自ずとついてくる。また、常に相手の裏をかくために自身で創造性を発揮できる選手たちがいれば、点はきっと入る。

守備のシステムとは相手チームの攻撃を意識した上で構築されるものであり、このため、どのようなシステムもスピードとスキルに加え予期できない意外性の前では機能しなくなってしまう。

 

サッカーとは「選手中心」のスポーツであり、試合開始の笛がなった後は選手一人ひとりが状況判断をし続けなければならない。コーチや監督も試合中は基本的には観戦者となってしまう。なので、試合への準備をするには「攻撃の原則を教える」だけでは決して十分ではない。こういった原則事項は選手にとって「道具」に過ぎず、選手自身がそれをいつ、どのように使うかを理解している必要がある。

 

育成年代のコーチは、選手達がピッチ上での問題解決能力を身につけられるよう促さなければならない。ヒントや手引きは必要なときだけ与えるものとし、同時に選手達の創造的な、はたまた冒険的な挑戦を決して否定しないようにしよう。

 

「その時点では失敗もするだろう、けれども将来的にはきっと成功につながる」

良いコーチは選手達がトライとエラーを繰り返しながら、その良し悪しや自身のその時点での限界を体感することの重要性を理解しているものなのである。

(このシリーズ、了)

攻撃の原則シリーズ:

はじめに

Support サポート

Depth 深み

Width 

Mobility 機動性=運動量とその質

Penetration 侵入・突破

友だち追加

Tags: 全年齢対象  コーチング用ヒント  
By:
Posted: 2013年07月26日 19:00

Reference: Attacking Principle: Creativity and Deception

トップページに戻る