ラン・ウィズ・ザ・ボール

攻撃方向へボールとともに速く走る(ラン・ウィズ・ザ・ボール)ことはサッカーにおいてとても基本的なことでありながら、最も難しい技術のうちの一つと言われる。

もちろん育成年代でも選手たちはラン・ウィズ・ザ・ボールをしかけているが、多くの場合タイミングが合っていなかったり、走っていく方向が適切でなかったりと言う状況がみられる。ドリブル中にボールばかり見ているため顔が下がり、結果気がつかないうちに相手守備陣の中に入っていってしまっていることが多い。

 

それでも「ラン・ウィズ・ザ・ボール」は正しく行われさえすれば非常に効果的な攻撃ツールといえる。

そこで今回は練習メニュー「ブレイクアウト(=脱出)」を紹介しよう。このメニューでは選手達がラン・ウィズ・ザ・ボールすべき状況を作りだせ、そしてその状況の認識と正しいラン・ウィズ・ザ・ボールの技術を身につけることが出来る。

 

それではぜひこのページの動画と以下のコーチングメモを参考に、よいラン・ウィズ・ザ・ボールのトレーニングをしてもらいたい。(訳注:なお、英語版ですが練習資料がPDF形式でこちらからダウンロードできます。)

 

コーチングメモ:

  • まずは片方のサイドで攻撃側選手がパス&ムーブそしてコミュニケーションをとることでチームでボールをキープする。
  • 相手DFのプレッシャーを受けていない状況で前方にラン・ウィズ・ザ・ボールのできるスペースをみつける。
  •  (ラン・ウィズ・ザ・ボール開始時)ラン・ウィズ・ザ・ボールで入っていくスペースを常に視野に入れられるボディ・シェイプに心がけ、パスを受けるときは相手DFからボールを遠ざけるようにファーストタッチでスペースにコントロールする。
  • スペースにボールをコントロールした瞬間にスムーズに走り始める。
  • 2タッチ目以降は体の前方でインステップによってボールを動かす。
  • スピードは速くとも決して慌てない。
  • 顔を上げて周りを常に見る。
  • グリッドの端に近づいてきたら、ボールタッチを小さくする。
  • 前方エリアにいる相手選手とチームメイトのサポートの位置を認識する。
  • 正確なパスを出し、そして自身もエリアに入っていく。
  • パスを受けた選手は相手DFのいないスペースを意識しながら味方チームとパス&ムーブ、そしてコミュニケーションをとることで次の攻撃機会を窺う。

(了)

友だち追加

Tags: 練習アイデア  
By:
Posted: 2013年06月18日 10:25

Reference: Run with the ball – Break out Game

トップページに戻る