ゴールを奪うためのスペースクリエイト

説明: このサッカードリルは、「オーバーロードポゼッション」と言われる練習で、一方のチームが相手よりも多くの選手がいて、多いチームのほうはボールをキープしながらスペースを作り、ゴールチャンスを作ることを求められる。

Soccer Drills – Creating Space to Encourage Goals

 

もし、少ないほうのチームがボールを奪えば、彼らはどちらのゴールでも即座にシュートを狙うことが出来る。これらのメニューは、FAのレベル1、2とUEFAのレベルB保持のコーチにより使用される練習である。

目的:

このゲームは人数の多いチームがポゼッションを維持するゲームである。人数の多い方は、5つのうち、3つの円の中で異なる3人のプレーヤにパスをつないだ後に、四角のコート内からゴールを狙うことが出来る。もし、ゴールの隅にボールを流し込むことができれば、スコアは2点となる。もし、人数の少ないチームがボールを持てば、即座にゴールを狙うことが出来て、隅に流し込めば同じく2点となる。チームは定期的にローテーションでどちらも行う。

やり方:

25×25ヤード(1ヤード≒90cm)のコートを作り、このエリアの10-15ヤード後ろにゴールを置く。ゴールの真ん中から4ヤード程度の場所にポールやコーンを置き、コートの4隅と真ん中にボールを受けるエリアを設ける。-詳しくは図を見て欲しい。

人数は5vs3,6vs4などで、選手の人数やスキルに応じてエリアのサイズを調整する。

キーポイントとなるコーチング原則:

・プレイヤーには顔を上げさせてスペースを常に意識させる。・選手にはパスをする前に、顔を上げさせる。・タイミングよくスペースに動き、ボールを受ける。・対話とジェスチャーを通じて選手間のコミュニケーションをさせる。・コントロールとパスの判断とタイトなエリアと空いてるスペースをボールを持っている選手に意識させてパスをさせる。・ゲームのルールを理解させて、ポゼッションとゴールスコアリングをする。

ディフェンスチーム:

ハードワーキングを行い、ボールを奪い、素早くゴールするために、2つのゴールを狙う。

進行:

はじめに、選手にルールを理解させて、スコアを奪う前にスペースを作りポゼッションを行う目的があるということを理解させる。

その他:

選手にルールを理解させるために、選手がトップスピードでプレーする前に、コーチはゲームが適切に行われているかをゆっくり見てあげてほしい。また、コーチは、ボールが外に出たときにすぐ始められるように、ボールを沢山周辺に用意していて欲しい。(了)

友だち追加

Tags: コーチング用ヒント  練習アイデア  
By:
Posted: 2017年02月16日 10:09

Reference: Soccer Drills – Creating Space to Encourage Goals

トップページに戻る