2013/3/5 CL 2nd Leg: レアルマドリッド 2-1 マンチェスター・U ~後編~

マンチェスター・ユナイテッドの戦略はレアルの脅威を無力化させたが、モウリーニョはユナイテッドが10人になった後に、迅速な判断をくだした。

前編からの続き

 

 

10 vs 11

ナニに対してのレッドカード後のラインナップで、モウリーニョはアルベロアに代わりモドリッジを投入し、ケディラを右サイドに移した。ナニへのレッドカードは、沢山のメリットがあったが、完全に試合のシチュエーションを変えてしまった。ユナイテッドは単に10人になってしまっただけでなく、ウェルベックをトップ下のポジションから中盤の4人を構成するため、ナニがいた左サイドへ下げなければならなくなってしまった。

結果として、アロンソは完全にフリーになり、数分後にはロナウドへの斜めの素晴らしいパスを通しはじめ、前半苦しんでいたよりもイマジネーションに富んだパスを通していた。ユナイテッドはおそらくファンペルシーをアロンソの所まで下げて、センターバックのスペースを空けるべきだったのかもしれない。

より挑戦的な考えでいけば、アルベロアを右サイドに残すことだったかもしれないが、これは、モウリーニョの迅速な交代のために可能な選択肢ではなかったのだろう。

モドリッジ

モウリーニョはいつも迅速に反応してくる。それが、レアルのゴールでも、相手のゴールでも、レッドカードに対しても常に迅速だ。モドリッジはアルベロアと代わり、ケディラは右サイドに移った。

これは2つの意味で効果的だった。一つ目は、ケディラは、右バックの位置から精力的にオーバーラップを仕掛けたことが、ユナイテッドのサイドMFを守備に追いやった。二つ目のより重要なこととしては、モドリッジは中盤で違いを作ることが出来ていた。レアルは去年のチャンピオンズリーグでは、中盤で細かく、手際よくパスが出来る選手がいないことで、敗退に追い込まれた。トニ・クロースのように、モドリッジとの契約は中盤の選手達にボールを供給することを可能にした。

今のところ、モドリッジのレアルでの働きは十分ではないが、度々、そのパスの質、高いプレス、ドリブル能力(彼は実際30分で4回もドリブルでユナイテッドDFを抜き去り、他の選手は2回が最高であった。)で、ビッグゲームでは素晴らしいスーパーサブとなっている。そのため、全てのチャンスはモドリッジから生まれていた。ケディラのポジションにモドリッジか入ったことが決定的であった。ケディラは前半最もスペースを与えれていたが、モドリッジはそこから一連のパスを求められ、そしてロングレンジから素晴らしいシュートを決めた。

レアルの支配

そこからレアルは優位に立ち、モドリッジ、アロンソ、エジル、カカの4人はボールを巧みに保持していた。レアルの戦略は、数的優位において完璧であった。彼らは、コエントランとケディラをワイドにプレーさせたが、ユナイテッドのセンターバックが対処できるようなクロスボールをボックスに放り込むようなことはしなかった。代わりに、彼らは細かい複雑なパスに集中して、すぐにロナウドの決勝点につながった。

レアルが2-1とリードして、ゲームは引っくり返り、ユナイテッドは2ゴールが必要となった。モウリーニョは、エジルを下げぺぺを右サイドで投入し、ケディラを中盤に戻した。ファーガソンは3人の攻撃的な変更を行い、ルーニーをクレヴァリーと、ヤングをウェルベックと、ヴァレンシアをラファエルと代えて、最後の20分を戦った。

ユナイテッドのフォーメーションは今にも崩れそうなもので、カウンターから更にゴールを奪われそうであったが、この段階ではそれも特に関係がなくなっていた。GKのロペスはいくつかのセーブを強いられたが、ユナイテッドの戦略よりも目立ったことは、レアルの完全なフォーメーションの欠如であった。レアルは、中盤はピッチで連動していて、イグアインはロナウドがカウンターの武器になるよう右サイドをカバーしていたものの、守備の時にコンパクトに保てず、DFは深く下がっていた。しかし、スコアは2-1から動くことはなかった。

結論

11vs11では、ファーガソンはモウリーニョよりも良かった。中盤からボールを供給するアロンソにウェルベックを使うことで、ユナイテッドはアタッカーの4人にほとんど脅威を与えなかった。ギグスの右サイドでの起用は、おおよそ成功であったし、レアルが前に意識が向けば、素早いカウンターから脅威を与え、ゴールチャンスではより多かったかもしれない。

ナニの退場後に、その功績はモウリーニョに向けられなければならない。彼は、中盤に間をもたらす選手であるモドリッジを、迅速に、そして賢く投入した。アロンソはより影響力を出すようになり、ユナイテッドがレアルのプレッシャーに対処せざるえなくなってしまったことに疑いようはないだろう。(了)

友だち追加

Tags: リサーチ  
By:
Posted: 2013年03月09日 23:18

Reference: Manchester United 1-2 Real Madrid: red card allows Real to take control

トップページに戻る