2013/2/14 CL 1st Leg:レアルマドリッド 1-1 マンチェスター・U~後編~

~前編より続き~ どちらのチームもヘッドでのゴールを1つずつ決めて、全ては2ndレグへと持ちこしとなった。

前編はこちらから~

 

 

後半

ファーガソンは、香川とウェルベックの位置をハーフタイムの後に交換してきた。これは、少々理解しがたい交換であり、ユナイテッドはレアルのアルベロアに対して余裕をあたえることになり、それまでウェルベックのスピードが前線で使われることでチャンスが生まれる気配があったし、加えて、香川のリンクアッププレイは理論的に考えれば、ユナイテッドのセントラルでのポゼッションを助けていたからだ。

後半は、前半の試合展開をより顕著にしたような展開であった。レアルはピッチの高い位置でプレーし、ユナイテッドは深く守り、突破口を探した。実際のところ、ユナイテッドのこの試合での一番のチャンスは後半すぐに、エブラによるもので、それはヴァランの少々危険なチャンレンジによってゴール付近でストップされた。

SUB

交代には、本質的には3つの段階に分かれていた。最初は、レアルのベンゼマを下げてイグアインを投入する単なる選手の交代である。どちらも、ユナイテッドの脅威にはならず、レアルの弱いところでもあり、またユナイテッドのセンターバックペアが優れていたという印象を残した。

次に、ファーガソンは最後の20分、ワイドMFの位置で、ギグスとヴァレンシアを加えた。前線に飛び出すことを好む、ウェルベックとルーニーのこのポジションでの役割と疲労を考慮してのことであった。

最後は、モウリーニョは中盤の位置で更なる注意を払っているように見えた。ルカ・モドリッジがディ・マリアの代わりに入りエジルが右に移った。この交代は、突破口を狙う交代よりもボール保持に関連した選手交代であり、下がったディ・マリアはこの試合とても効果的であった。モウリーニョは、あまり勝ちに行っていなかった。その例が、最後までベンチにカカを残していたことからもわかる。

チャンス

スコアは、ペナルティボックスの中での個々の貢献による所が大きい。ファンペルシーは、後半の2つのチャンスにより、カウンターアタックでユナイテッドに勝ちをもたらしていた可能性もあったが、本当のここでのヒーローは、デ・ヘアであろう。センターバックの二人も良くやっていたが、このスペイン人GKは2つのワールドクラスのセーブを含め、連続したストップをしていた。

この日のデ・ヘアのパフォーマンスは、ファーガソンがなぜ彼と契約したのかを明確に示していたが、そのプレーは、デ・ヘアが生粋のマンチェスター・ユナイテッドのGKではない事実を示していた。彼はいつも素晴らしいセービングで貢献するが、ユナイテッドにとって連続してピンチを防ぐ機会はいたって珍しいケースである。(以前のゴールキーパーのファンデルサールは敏捷なタイプではないが、ハイボールの処理と足元での技術ではより存在感があった。そして、この類のものがユナイテッドでのキーパーでは一貫として必要とされる。)

ユナイテッドのようにゲームを支配できるチームでは、デ・ヘアはその最高のポテンシャルを発揮する機会はあまりない。しかし、ユナイテッドが押し込まれる展開の時には、彼はとても優れた安全網となる。

結論

「私にとって残念なことは前半であり、あまりにも深くに引いてしまったことだ。」と、ファーガソン言い、「レアルがボックス付近でのプレーが多かったことは、健康的な状態ではないし、見ていてもあまり良いものではない」と付け加えた。

これは、彼が意図したよりもユナイテッドがより多くのプレッシャーがあったことを認め、そして引き分けの結果は、デ・ヘアのプレーにあまりにも多く依存していた。それでも、彼らは決められたことを忠実にこなしていた。ロナウドは完璧ではないものの多くの仕事はさせなかったし、センターバックの2人は良いパフォーマンスをし、ウェルベックのスピードは脅威であった。

「ユナイテッドは試合の運び方をかえた。」とモウリーニョは言った。「かれらのディフェンスはとても低い位置で、セットプレーやカウンターアタックでのゴールを待っていた。しかし、彼らはよく守っていた。」

レアルは、深く引いたユナイテッドのディフェンスを十分に崩していなかった。また、このようなシチュエーションの中では、本物のトップクラスのセンターフォワードがいないことが、おそらくレアルの最大の弱点なのかもしれない。(了)

友だち追加

Tags: リサーチ  
By:
Posted: 2013年02月24日 23:00

Reference: Real Madrid 1-1 Manchester United: Real dominate but United withstand the pressure

トップページに戻る