2012/9/23 リバプール 1-2 マンチェスター・ユナイテッド ~パート1~

序盤、リバプールは良いスタートであったが、ユナイテッドは、シェルビーの退場の後にゲームをコントロールするようになった。

ブレンダン・ロジャーズ(リバプール監督)は、シェルビーをMFのトライアングルの一番上の位置で使い、またグレン・ジョンソンをこれまでに引き続き左サイドに置いた。

アレックス・ファーガソン(マン・U監督)は、ヴィディッチを休ませ、セントラルMFの位置にはクレヴァリー、スコールズではなく、ライアン・ギグスを選択した。

リバプールは前半、試合を支配し、ユナイテッドは後半、試合支配した。シェルビーの退場がこの試合の戦術的な駆け引きの点で大きなターニングポイントになってしまった。

 

 

ファースト・ハーフ(前半)

この2チームは、ゲームの入り方に大きな違いがあった。リバプールは、ロジャーズの志向するボール保持をして試合をコントロールするいつものやり方をとり、一方のユナイテッドは、カウンターアタックからチャンスを伺っていた。

試合のキーポイントなったのは、「リバプールのMFの底の部分」であることは明らかであった。つまり、ジョー・アレンと香川真二の駆け引きの局面である。アレンは、MFの底に位置して、リバプールのポゼッションを指揮して、90分間でピッチの誰よりも数多くのパスをさばいていた。一方で、香川は中盤での戦いに引き込まれないように、ボールのない時には4-4-2にも見えるほど、常にピッチの高い位置でファンペルシーの近くでポジションをとろうとしていた。

 

KAGAWA(香川)

この日の香川は、明らかにボルシア・ドルトムント時代の役割でプレーしようとしていた。それは、ディフェンス面ではあまり大きな貢献をせずに、代わりにカウンターアタックをスタートするためのスペースを見つけようとしていた。香川は、アレンの背後で漂流する形でそれをおこなっていた。そして、香川のディフェンス面での役割は、主にアレンとボールの間に立つことで、リバプールのDFからのつなぎのパスを出させないようにブロックすることであった。

他の2人のリバプールMF(シェルビーとジェラード)が深い位置にポジションを取ることで、リバプールの中盤でのつなぎ、そこからのポゼッション支配を可能にしていた。ここでは、香川のDFの役割不足(試合序盤に関して)が、アレンがパスを簡単に受けられることを可能にした。これは、香川のパフォーマンスが悪いと言うわけではない。単純に前線でのパスの選択肢を優先し、中盤での支配を放棄したというユナイテッドのゲームアプローチの形としてごく自然なものである。

 

※下図、左側:アレンの受けたパス 右側:アレンの出したパス(攻撃方向→)

 

~パート2(中盤での3vs2,4vs2)へ続く~

 

 

友だち追加

Tags: データ  リサーチ  
By:
Posted: 2017年02月16日 23:14

Reference: Liverpool 1-2 Manchester United: United come from behind to win

トップページに戻る