赤いユニフォームは試合の結果に影響を及ぼすのか ~パート2~

ユニフォームの色はチームのパフォーマンスに影響を及ぼすのか?「The Journal of Sports Sciences」の二つの記事が示したことは、意外にも「Yes」の答えであった。

~パート1より続き~http://soccercoaching.jp/read.php?id=1345169779

2つめの実験では、研究者達は、ゴールキーパーがシャツの色により受ける印象の違いについて調査した。ゴールキーパーは、キッカーがペナルティキックを準備して、助走を開始しているビデオを見せられた。このビデオは、ペナルティキックをストップできる感覚を持たせるよう、ゴールキーパー向けに特別に編集したものであった。ビデオの半分では、キッカーは赤いシャツを着ており、もう半分ではキッカーは白いシャツを着ていた。ゴールキーパは赤いシャツを着用しているプレーヤーに対して、より積極的で、ペナルティキックのスキルがあるキッカーであるような印象を受けていた。また、キーパーは赤いシャツのプレーヤーに対してキッカーをストップできるイメージがより持てなくなると言及していた。

また、記事の著者は、パフォーマンスと赤いシャツに関しての関係性を示したもう1つの研究を紹介している。2005年、彼らは柔道やボクシング、レスリングなどの片方が赤いユニフォームで、片方が青いユニフォームを着用するオリンピック競技に関して調査を行った。これらのスポーツでも、赤い競技者はより高い確率で勝者になりやすいことが証明された。現在の研究では、チームスポーツにおいても似たような「色の効果」というものが示唆されている。

ただ、これらの研究ではいくつか興味深い疑問もでてくる。それならば、アンドレイ・シェフチェンコがACミランから「Blues」と言われるチェルシーに移籍して以来、パフォーマンスに苦悩している理由になるのか?あなたのチームは今すぐに新しいユニフォームをオーダーしなおした方が良いのか?これらの両方の疑問に関しての答えは、おそらく「No」であるだろう。これらの研究は、興味深いものではあるが、研究者たちは考慮していない多くの重要な要因もあるだろう。例えば、プロチームにとってクラブの財政状況のような要因は、勝利に対してより大きな影響をもつだろう。また、キーパーにとっても、過去の自身の経験やキッカーの身体の向きやキックへのアプローチなどがキーパーの受ける印象に大きな影響与えるだろう。ただそれでも、もし全ての個人やチームの与える印象や全ての要因が等しいときに限った場合に、シャツの色が「勝ち負け」をわける、小さな要因になるのかもしれない。(了)

 

 

References:


Attrill MJ, Gresty KA, Hill R, Barton RA (2008) Red shirt color is associated with long-term team success in English football. Journal of Sports Sciences, 26:577-582.

Greenlees I, Leyland A, Thelwell R, Filey W (2008) Soccer penalty takers’ uniform colour and pre-penalty kick gaze affect the impressions formed of them by opposing goalkeepers. Journal of Sports Sciences, 26:569-576.

友だち追加

Tags: リサーチ  データ  
By:
Posted: 2017年02月16日 15:26

Reference: Do Red Uniforms Affect Match Outcome?

トップページに戻る