選手交代:疲れが理由か、戦術変更が理由か? ~パート1~

2008年2月10日、シエナとのスコアレスでの試合、ACミランのアンチェロッティ(※当時ACミラン監督)は、アルベルト・パロスキをピッチへと送り出した。15秒後、最初のタッチでゴールを奪い、パロスキはそのゲームでの唯一の得点を記録した。

多くの場合に、選手の交代のやり方が試合を決定付ける「要因」となることがある。監督は、基本的には、ゲームの終盤において2つの理由をもって交替選手を送り込むことが多い。1つめは、前述したパロスキのようなゴールチャンスを増やす交代、もしくは既にある点差のリードを保つための戦術的な変更を加えることである。2つめは、疲れが見え、運動量が落ちてきた選手を交代することである。最近の研究では、主に2つめの理由を研究対象として焦点を当てることとした。監督は、ハードワークの欠如やより高い運動量を交替選手に求めて、選手交代をおこなっているのだろうか?

研究者達はフランスのDiv.1のチームを実験対象とした。彼らは、マルチプルカメラシステムを使い個々の選手たちの動きを追跡し、記録した。そして1シーズンを通じて、彼らはスターティングメンバーと後半での交替選手両方の動きを追いかけた。交代して入った選手の運動量は、もともとピッチにいる選手たちの運動量、サブと交代された選手たちの交代前の運動量と比較された。研究者達は、ここでの「運動量」を走行距離、スプリントダッシュ、そしてスプリントの間の回復時間の3つをもって、「運動量」と定義することとした。

選手たちの運動量を計測すると、研究たちは予想した結果を裏切る「3つのキーポイント」を見出すことができた。

~パート2へ続く~

 

友だち追加

Tags: コーチングアドバイス  データ  リサーチ  
By:
Posted: 2017年02月16日 13:52

Reference: Substitutes: Combating Fatigue or a Strategic Change?

トップページに戻る