ユーロ2012 決勝戦レビュー スペイン-イタリア(4-0) 上

サッカーの戦術分析サイトからユーロ2012の決勝レビューが届きました。 ぜひこの試合で両チームがとった戦術をチェックしてみたください!

スペイン代表がユーロ2012開幕からのベストパフォーマンスを見せ、決勝戦を難なく勝利した。

両チームとも先発メンバーは予想されていた通りで、スペインのビセンテ・デル・ボスケ監督は前試合とほぼ同じ布陣、変更は1箇所のみ(FWネグレドにかえてファブリガスを起用して)で臨んだ。

イタリア代表プランデッリ監督も選手変更は右サイドバックのみでアバーテを先発に戻しバルザレッティが控えにまわった。しかし左サイドバックで先発出場したチエリーニの故障交代によってバルザレッティは前半の立ち上がりすぐに左サイドでピッチに立っている。

この試合を通してスペインはイタリアに明らかなチーム力の差を見せつけた。スペイン代表はボール支配率のみに固執するのではなく、スピードと気持ちが宿ったプレーで素晴らしい攻撃サッカーを展開した。

 

中盤での戦い

中盤エリアはスペインにとっても注意を払う必要のある懸念要素だったはずだ。現実的に通常の試合では中盤を支配することはスペインにとってはほぼ確約事項といってもいい。しかしこの試合ではイタリアは4枚のミッドフィールダーを置いてこのエリアの覇権争いに挑んだ。

これに対応するべく、デル・ボスケ監督は中盤エリアの3 人に加えイニエスタとシルバにもサポートに回らせた。

これまでの試合とは逆に、イニエスタは右、シルバは左という振り分けでキックオフを迎えたが10分後にはポジションチェンジし、結局それぞれの持ち場に戻っている。ただこれはさして重要なことではないだろう。

もっと注目すべきは、彼らのポジショニングと動きの方向である。チームが守備に回っている時間帯はバックラインの前、シャビの後ろと言う位置で他の2人のミッドフィールダーに合流し4MFで網を張っていたが、状況に応じて素早く押し上げながら中に入り、2人でイタリアのボランチ、ピルロの両脇を固めることで、スペインは場面ごとに数的有利な状況を作ることに成功した。

 

ロンド(日本の「鳥かご」にあたるトレーニング)

さらにスペインはこれまでの試合とは打って変わって圧倒的なスピードのパス&ムーブを披露した。それは普段よりも激しく周りの選手がサポートに動く、超ハイレベルな1タッチサッカーだった。イタリアのリカルド・モントリーボは準決勝ドイツ戦で、相手のパスをことごとく打ち破り、リズムを崩すことに貢献していたが、この試合ではシャビ・アロンソやセルジオ・ブスケツに近づくことすらできなかった。イタリアのダイアモンド型の中盤はスペインの選手にプレスをかけに行ってはかわされ、ズルズルと陣形を引き伸ばされていった。

イタリアのプレス戦術はポルトガルがスペイン戦で見せたものより非常に効果が薄かった。-マークの組み合わせがより複雑だったのだろうか。-

イタリアは4vs3だとして臨んだ中盤は気づいたら4vs5(イニエスタとシルバが加わっている。)になっており、それぞれの役割が途端に不明瞭になってしまったように見えた。ポルトガルはスペインの中盤に対して3vs3を挑み、各選手のマーク相手が非常にクリアだったのだ。

 

0トップ?

スペインの中盤選手の前には更にもう1人、本職を中盤とする選手、ファブリガスが起用された。彼はもちろんフォワードがレギュラーポジションではない。ではスペインは0トップでこの試合に臨んだのか?いや、この試合での彼の役割は簡単には0トップの最前線という呼び方はできないだろう。彼のポジショニングも動きもセンターフォワードのものだった。中盤に下がることも少なく、得意とする賢い連係プレーは随所に光ったが、ファブリガスはとにかくストライカーとしてプレーしたのではないだろうか。ゴールへ向かって疾走し、巧みに相手DF陣のすき間を狙ってボールを受けた。前回両チームが対戦した際より、彼はだいぶ前のエリアでプレーし、必然的により少ない回数ボールを受けた。

特にファブリガスの先制点を演出した動きは格別のものだった。バックラインの背後でパスを受け、シルバに絶妙なラストパスを配球した。イニエスタ-ファブリガス-シルバの3人の前線選手は素晴らしい連帯感を見せた。3人共に中央ぎみのポジション取りをしていたが、それぞれに別々の役割を担った。以前の試合であれば同じボールに対して全員が受けに動いていただろう。

 

シャビ vs ピルロ

もちろんスペイン・ストライカー、ファブリガスの背後にはこの試合で大きく活躍したシャビがいた。前回のイタリア戦ではシャビはどちらかと言うと存在感が発揮できず、深いポジションでプレーし続けたため、ブスケツやアロンソとの役割分担ができていなかった。またピルロへのプレスも中途半端に終わっていた。

それに比べてこの試合でのシャビはとてもいいプレーをしていた。イタリアがボールを保持している時間帯は高くポジションをとり、ピルロがバックラインでフリーにならないよう監視し、おかげでスペインはボールを持っていない間まるで4- 4-2型でプレーしているようだった。スペインがボールを奪取した際にはシャビはピルロの脇のスペースへ動き出し、ボールをとった選手にパスコースを供給し、さらにボールを受けたときは何度もスルーパスを試みていた。

イタリアはこれに対して、デ・ロッシにポジションを下げさせることでピルロへのプレッシャーを軽減しようと試みた。このためデ・ロッシ自身が2人のセンターバックの間でボールを受け、前線へのパスを供給することが多くあった。デ・ロッシにそれができないわけではないが、イタリアとしてはピルロにこういった前線へのダイアゴナル(斜め)なパスを出させたかったはずだ。結局ピルロは前回のスペイン戦(1-1のドロー)よりもより後方のエリアでプレーしなければならなかった。

(次回に続く)

友だち追加

Tags: データ  リサーチ  
By:
Posted: 2017年02月16日 23:16

Reference: Spain 4-0 Italy: Spain win Euro 2012

トップページに戻る