「実行機能」:エリート選手の創造的な側面~パート1~

サッカー選手の才能や成功の可能性を探るとき、多くの場合、フィジカルやテクニック面に焦点をあてることが多いだろう。スピード、カラダの大きさ、ボールスキルなどは評価プロセスの多くを支配することもある。

しかし、サッカーのメンタル的な側面に関してはどうであろう?選手の考える力は将来の成功を予測するものになるのだろうか?このメンタル的な側面を「実行機能」と呼び、その概念としては、「思考と行動における両面を調整する認識力」と定義する。これら認識力は、計画性や問題解決能力、創造力、他者からのフィードバックの活用、思考の柔軟性(行動計画を迅速に変更できるか)を含んでいる。サッカーのようなスポーツでは、プレイヤーは、次にどんなプレーをするか決めるために、過去の経験を頼りに、状況に対しての膨大な量の情報、工程、判断を継続的に処理しなければならない。選手たちは、また置かれたことない局面や新しい機会に対しての柔軟性を持っていなければならない。それに加えて、攻撃時には、プランがあり、実行があり、コンマ何秒での判断修正さえ求められる。このことは、高いレベルの「実行機能」をもっていれば、プレイヤーにとって利益になることを示している。スウェーデンの研究では、トップレベルの選手にはこの傾向が見られると言っている。彼らは、この心理的な特性は、選手の成功に関して重要なポテンシャルであるとしている。

この研究では、スウェーデンの男女のプロサッカー選手を比較しておこなった。対象は、トップ(1部)リーグでのプレー経験のある選手たちと、下部リーグ(2部、3部)の選手たちを比較した。

全ての選手が、この「実行機能」を測定するために用意された心理テストを受けた。これらは「設計の柔軟性」に関するテストであり、「Hand and Pen」と言われるテストであった。これは、様々なプロセス、創造性、柔軟な認知力を測るためのテストである。このテストでは、様々に配置された"点"が与えられる。そしてこれを可能な限り一本の線で点を正方形に繋げるといったものであった。これは60秒以内に出来るだけ多くの正方形を見つけるかといったものである。

この結果では、全ての選手の平均値は一般的な成人よりも高い数値を示しており、サッカー選手が高い「実行機能」を有することを示していた。実際のところ、トップリーグの選手たちは、一般成人の上位5%に位置していた。そして、男女ともにトップリーグの選手たちは、下部リーグの選手たちと比較して15%程高いスコアを出していた。これにより、研究者達は、これら「実行機能」の能力がトップレベルのサッカー選手にとって重要な性質であり、この特性は選手の将来の成功を予想するものと結論付けた。

~パート2へ続く~

 

友だち追加

Tags: リサーチ  データ  全年齢対象  
By:
Posted: 2012年05月04日 10:10

Reference: Executive Function: The Creative Side of Elite Soccer

トップページに戻る