スポーツ・運動と健康の関係 ~パート1~

今日の最も差し迫った健康上の問題といえば、肥満の発生率の増加である。より多くの子供達が肥満に分類されて、この超過した体重は、成人になっても結果として引き継がれて、健康の問題に直面することになる。

「肥満の蔓延」として問題視されるものには、専門家は肥満の上昇は運動不足と摂取カロリーの超過が原因であるとしている。歴史的には、医師は運動不足の健康への影響について国民へ警告を発している。ヒポクラテスの時代までさかのぼっても、定期的な運動の重要性は強調されている。「Science of Soccer Online」では、スポーツ及びユース年代のサッカープログラムが、運動の機会の増加と肥満撃退の重要な役割になることを強調している。しかしながら、国民の健康増進においてスポーツの推奨は新しいコンセプトのものではない。1800年代の半ばにBritish Medical Journal(以下BMJ)の編集者より寄稿された2つの記事では、もしスポーツやエクササイズが極端に減少したり、もしくは無くなってしまったら何が起こりえるのかを警告している。

最初の記事は、イートン校の校長である、エドワード博士への返答文として書かれている。1857年、エドワード博士は、「若者の放蕩と支出の増大につながるとの口実」で、学校のクリケットの試合を取りやめることにした。基本的には、彼はスポーツは、時間と体力の無駄であり、教育機関においてスポーツの余地などないと感じていた。

BMJの記者は断固反対した。学校は、教育課程の一つのパートとしスポーツや運動を行うように推奨するべきだと議論を持ちかけた。「真の意味での有能な人間形成には、筋肉は脳と同様にエクササイズをさせなければならない。あなたの学校の顔色の悪い生徒達は、人間らしさがないし、世界の歴史の中で時代を生み出すような強い活動は彼らには絶対生み出せないだろう。フットボールやクリケット、乗馬や射撃はメンタルトレーニングを必要とするものだし、そして新しい時代を生み出す原動力でもある。

明らかに、BMJは心と身体を伴った適切な教育が必要と感じていた。彼らは、New York Timesのイギリスと比較した際のアメリカの運動不足の記事を引用して、こう続けた。

「知性のバランスを欠いた独裁は、私達がアメリカで労働をする下では、最も辛らつな社会的呪縛である。全ての種類のスポーツ、そして特に脳や身体の発達に効果的なスポーツ、そして、元気にイキイキと活動できることは、「運動マインド」とでも呼ぶできものであるが、我々には決して推奨されていない。私達の運動の機会はほとんど生活の中でチャンスはない。私達はただ神経を使うために存在している。」

NYTの記者が言及することは、運動と組織スポーツを犠牲にすることは、意思決定の能力や分別のある考えを発展させる機会を制限して、バランスを欠いた状態になるということである。スポーツや運動の欠落は、他の社会的な病気の原因にもなる。

~パート2へ続く~

友だち追加

Tags: リサーチ  
By:
Posted: 2012年04月08日 21:47

トップページに戻る