練習中の「コーチのポジショニング」

トレーニング中にチーム全体が見え、そこで起こっていること全てを把握できれば、コーチが選手たちの間違いを正させることや、いいプレーを褒めることなど、選手のパフォーマンスへのコーチング(フィードバック)をより効果的に行えることにつながる。

 

以下はサッカーコーチのポジショニングに関しての実践的なガイドで、きっとトレーニング時に役立つだろう。なおこのガイドはコーチがより上手に「見る」ことをテーマにしており、その結果、選手のパフォーマンスへのフィードバックの質が上がると期待している。 

 

  • コーチは全体のアクティビティを見るために選手から十分に距離をとる。

 

  • コーチが練習エリアの外周にポジションを取ることで、いつでも選手がコーチの背後でプレーする様にはならない。

 

  • コーチがいろいろなポジションを取ることで、練習で起こっているアクションや技術をさまざまな角度から見られるようにする。

 

  • コーチが個人的なアドバイスをするときは選手を近くに呼んで行うことで、間接視野内にそのほかの選手を入れておくことができる。

 

  • コーチが技術のデモンストレーション(見本)を行うときや話をするときは全員が見えるように半円の形に集まらせて行う。

 

  • コーチがデモンストレーションを見せるときはコーチ自身の顔が太陽や雨に向いた状態で行い、選手たちがそうならないようにする。

 

  • コーチがデモンストレーションを行うときや話をしているときはコーチの背後で選手たちの気を引くようなことが無いことを確認してから行う。

(了)

Posted by T

友だち追加

Tags: 実践的アドバイス  コーチング用ヒント  
By:
Posted: 2012年03月07日 11:51

Reference: Soccer coaching tips to help feedback sessions

トップページに戻る