サッカーコーチング:パスを受けるためのスペースづくり

サッカーにおける大事なプレー技術のひとつに、「自身のためにスペースを作る」というものが上げられる。

ここで紹介する動画では、登場するコーチがジュニア選手たちにどのように相手のマークをはずし、自身のためにスペースを生つくりだせるかを、わかりやすい動きを用いて指導している。

このトレーニングサンプルの中で、スペースをつくりパスを受ける、という一連のメイン動作後に、選手たちにゴールを決めさせるというアイデアを私は気に入っている。なお、より単純な「スペースづくり」というトピックへの導入方法として、この練習例でさらにボールを手で扱わせるという方法もある。手を使わせることで、自然に顔が上がり、パスの出し手と受け手が視覚的に連携しやすくなる。きっと動きへの工夫も見られるようになるはずだろう。そして何度か手でプレーさせた後、足でのプレーに発展させればいい。もちろんそのときにはその違いをしっかりと観察するべきだ。

 

友だち追加

Tags: コーチング用ヒント  練習アイデア  
By:
Posted: 2011年10月22日 00:20

Reference: Football Coaching Skills – Create Space and lose your marker

トップページに戻る