新着コラム!

全ての記事を表示…

One Nil Down Tactics

負けている時の攻撃的な戦術変更 2017年02月11日

もし、ハーフタイムに1-0で負けている時は、より攻撃的に攻めていかなければならない。このセッションは、前線の選手だけに過大に期待することなく、チームとしてアタッキングマインドを高めていくのに効果的なトレーニングである。

続きを読む…

A small-sided game for encouraging players to get their heads up

選手の顔を上げさせる「スモールサイドゲーム」 2017年02月07日

このスモールサイドゲームでは、顔を上げてどの選択肢があるか意思決定を促すための判断を求めるゲームである。片方のエンドには、2つのゴールが設置してあり、どちら方が空いているかを判断して、プレースイッチングを効果的に行う必要がある。

続きを読む…

People playing soccer on grassy field, ground view : ストックフォト

より良いデモンストレーションを実現するための6ステップ 2017年02月01日

デモンストレーションは、若いプレイヤーに情報を届けるためにとても有益な方法である。ここでは、効率的にデモンストレーションを実現するための6つのステップを紹介したい。

続きを読む…

Fast Pass Game

パスワークのトレーニングゲーム 2017年01月20日

タイトなエリアでのボールコントロールは、ファイナルサードへの侵入をはたす成功するチームにとって不可欠である。この負荷の高いセッションは、パスとコントロールの能力を養成するのにとても役立つだろう。

続きを読む…

pep-training

効果的なトレーニングの構築とは?? 2017年01月09日

サー・アレックス・ファーガソンに、プレミアリーグでのマンチェスターユナイテッドの成功の秘訣を聞こうとした際に、「我々にとって最も重要な側面はトレーニングである。土曜のゲームで起きていることは、すでにトレーニンググラウンドで起きているからである。」と、言われたことがある。

続きを読む…

日本の遊ぶ子供サッカー : ストックフォト

Relative age effect とは? 2016年12月24日

Relative age effectを直訳すると、「相対的年齢効果」、ピンと来ないが、簡単に言えば、学年の区切りが選手にどのような影響を与えるかを検証したものである。つまり、日本であれば、4月生まれ~翌3月生まれが同じ学年になることに対しての影響を検証したものである。

続きを読む…

最新のシェアトレ!

シェアトレルームへ

バレンシアアカデミー 1vs1シュートTR

バレンシアアカデミー 1vs1シュートTRNEW! 2017年02月23日

スペインの強豪バレンシアのアカデミーが1vs1のシュートに取り組んでいる動画を紹介しますね。興味深いのはやはりDFがミニゴールにシュートを打ったらすぐに攻撃側のボールを奪いに行くという切り替えの要素ですよね。GKも本気で取り組んでおり、とてもしまった良いトレーニングの印象ですね!

続きを読む…

シメオネ監督のロンド特集動画

シメオネ監督のロンド特集動画NEW! 2017年02月22日

アトレチコ・マドリードを世界のトップクラブの一つに押し上げたディエゴ・シメオネ監督のロンド(ボール回し/鳥かご)を集めた動画を紹介しますね! きっと、皆さんのチームでも採用できるものもあるはずです。 その戦術的なアイデアに加え、選手たちの技術力の高さもぜひチェックしてくださいね!

続きを読む…

パスかドリブルの状況判断TR

パスかドリブルの状況判断TRNEW! 2017年02月21日

今回はU-8対象の1時間ほどの練習プランを紹介します! 一人一人の子供たちのレベル次第で、状況に応じたパスかドリブルかの選択は変わってきますよね。楽しく、助け合いながらできるメニューで積み上げてみました。

続きを読む…

ビジャレアルのTR 上空からの映像

ビジャレアルのTR 上空からの映像NEW! 2017年02月19日

スペインでもサッカーの質と昨今の上位進出で注目されているビジャレアルのトレーニングが紹介されています。ボールと人が状況に合わせてよく動いていますね。サポートのタイミングや3人目の動きも見ものです。上空からの映像なのでとても選手全体の関わりが見てとりやすいのではないでしょうか。

続きを読む…

ASモナコのアイデアGKトレ

ASモナコのアイデアGKトレ 2017年02月16日

チャンピオンズリーグ常連クラブASモナコのGKトレーニング動画をシェアしますね。通常のボールと予測のしづらい跳ね方をするボールへの対応を交互に行なっていますね。運動強度も選手の集中度も高くなる、アイデアトレーニングですね。

続きを読む…